FC2ブログ

ウクライナ版X-Factorのオーリャ・ジュムリナ(Оля Жмуріна)さんの話②

ウクライナ版X-Factorの9期に出ているオーリャさん(Оля Жмуріна)の記事。
↓の続きです。
http://nadezhda380.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

この人が好きなために突然X沼に墜ちた。
圧倒的歌唱力を披露しながらも、生放送3回目でまさかの最下位争いステージ。
ただそ、審査員コメントで3人中1人救われたオーリャさん。
さてこのあとどうなるの~~~~~(煽り)

生放送開始時に13人だった参加者は、前回3回目の放送で、6人に絞られました。
残った6人の中で1~2番目に光る才能をお持ちだと思うけど。
彼女がファイナル行かないなんてあり得るのかな。


■第4回目の生放送
Оля(Ольга) Жмуріна - Don't Speak


強さと可憐さと儚さがない交ぜになった表現。
どこかで聴いたなと思ったら、4月のГолос Країни 8期で
歌が上手いのは正義。


Оля(Ольга) Жмуріна - After Dark


ブルースロック。
曲がかっこいい。
サックスに合わせてゆったりと踊り、映像がスローモーションになるところの
演出含めて好きですね。
(この番組内では)今までになかった雰囲気のオーリャさん。
このジャンルも歌いこなせているのがよく分かる。
全然こういうのを予想してなかったけど、
この系統が好きなので、オーリャさんがいっそう好きになりました。

そして2曲歌ったところで視聴者投票の結果発表

ええええええ、
またしてもПісна за життя行き~~~~
X-Factor、一体どういう人が視聴者投票してるんだろう。
他の候補もそれぞれ良いとは思いますけれど、
耳ありますか。


Оля(Ольга) Жмуріна - Rolling in the deep


めっちゃかっこいいやん!!!!!!!

今日の中で一番本気出してる気がする。
メンタル的にも技術的にも。
最下位争いになったら1回多くお歌聴けてラッキーじゃん~~って言いたくなる。

2週連続で最下位争い行きになるけど、2週連続で勝ち抜けた。
これはある意味すごいのでは(プラス思考)。

挑戦者は残り4人になりました。
歌唱力的に信頼できるのはオーリャさんか
あるいはマルク・サーヴィン(Марк Сарвін)だと思うけど、
Youtubeの再生数や高評価低評価の比率や、観客の歓声のボリューム的には、
どうも票を集めているのは、
ZBSBandとジーマ・ヴォルカノウ(Діма Болканов)のような感触。



■第5回目の生放送

キャプションにファイナルと書かれてある。
今週で最終回とはつゆ知らず見ていたのでびっくり。
先週で4人になって、ここから4人→3人、3人→2人、最終回、で
あと3回放送するんだろうなってなんとなく想像してたので。
そうか、最終回か、どきどきするわ。。

Оля(Ольга) Жмуріна - Whole lotta love


選曲が素敵すぎる。
ロックだ!!!!!
得意曲なのだろう。
演出もさながら、全力でめちゃくちゃかっこよかった。
やばたのしい!!!!!最高!!!!!!(語彙力)
もう優勝でいい。
5:58~のところ好きです。


Оля(Ольга) Жмуріна & Melanie C - Viva Forever


どういう繋がりか分からないのだが、Melanie Cというイギリスの歌手がゲストに来て下さった。
聴いたことがある名前のような気がする。
デュエットもいいね~~~~


Оля(Ольга) Жмуріна - О Нем


ギラッギラの派手なハードロックとシリアスなパワーバラードを行ったり来たり。
どっちも素晴らしい。
オーリャさんの万能さよ。
一定以上のキーになったときの声質がかわいすぎると思う。


結果発表


「4人の内2人が残ります」と司会のお兄さんより。
えっ、キャプションにファイナルって書いてるけどファイナルじゃないの????

わりとあっさり発表されて、
残念だけど、DBSbandとДіма Болкановが呼ばれました。

ハイーおわりーーーーーーーーーーー
(まあ予想してた~~~~~~~~~~~~~~)

ジーマさんはコーチとのLasha Tumbaiが超楽しかったので、
まぁ決して彼ら2人がNGなわけではないです…!

これがVoiceだったら、まあまずオーリャとマルクが呼ばれたと思うねえ。
XとVでの求められている要素の違いとして、
総合的ジョービジネスの才能や天性のセンス、はたまたお祭り感的なものであるか、
歌唱力と表現力とそれをベースとしたエンターテイナーの素質であるか、
みたいな差なのかな……。


Оля(Ольга) Жмуріна - Candy Man


敗退していく2人には、最後に1曲歌う枠が与えられていました。
キャプションの、”Прощальная песня”は、ロシア語で「お別れの歌」の意味。
えっ、今日は4曲も聴けるの、幸せじゃん!!!!
ありがとうじゃん!!!
(プラス思考)

ハードロック系、優しめバラード、暗めのバラード、陽気なポップジャズ
1回の放送で色々と楽しませてくれました。
全部好きだった。


最後に、再生リストの最後の動画にて、
司会者さん「投票開始!」「今から来週の土曜日まで!」とのことで。
来週がいよいよ本当の最終回。
あとになって調べたら、ウクライナ版X-Factorでは、
「ファイナル(Фінал)」と呼ばれるのがセミファイナルで、
最終回は「スーパーファイナル(Супер Фінал)」となってるのだそうですね。
まぎらわし。。

確かに前回の記事で「ファイナルまで行ってほしい」と言ったが、
そういう意味じゃねえよ…?????


というわけで突然好きになったオーリャさんを追いかけまわすだけ
X-Factor2018の記事はこれにて終了です。
おつかれさまでした!
できれば来週まで書きたかったなあ。
番組は終わりでも、彼女の他の活動や今後に注目していきたい。
そう思える歌手に出会うことが出来た年でした。
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土