FC2ブログ

JESC2018に出場するもうひとりのウクライナ人の話②

そしてダネリヤとウクライナの関係はここから始まった。
記事が重くなりすぎたでの2分割しました。
■■前半:JESC2018に出場するもうひとりのウクライナ人の話①■■


Daneliya Tuleshova - ”Stone Cold”

歌い出しわずか7秒(Monatik)、10秒(ナターシャ)、13秒(ナージャ)で
フルターンをもぎ取る、
4期の放送第1回目のラストチャレンジャーとして現れた彗星。
コーチの一人であり、子供向けの音楽教室を立ち上げるなど次世代教育に熱心な
ナタリヤ・モヒレウスカ(Наталія Могилевська)をして
「あなたは奇跡!なんて成熟していて大人のようなんだろう!
 4シーズン目となるウクライナVoiceキッズの歴史の中でも一番!」
と言わしめる。

このときカザフスタンからの挑戦者とは説明されなかったので、
発音がところどころロシア語風だったり、露語なまりと解釈するにもだいぶ違ったりするから、
外国人かな???と思ったりしていたものです。

Daneliya Tuleshova - ”Of the night”

先ほどと打って変わってテンポの速い元気な歌で多彩な歌唱の魅力をアピールしたり、


Daneliya Tuleshova - ”Rise up”


この歌ではクリスティーナ・アギレラに喩えられたりしている。


Daneliya Tuleshova - ”Spectrum”

ど迫力。


Daneliya Tuleshova - ”Мудрые деревья”


かっこいい。
っていうか大人が子供2人を引き連れている感じがまーーーったくしない。


Daneliya Tuleshova - ”Не твоя війна”

ここまでコーチとのトリオ歌唱を除いては英語の歌のみを歌ってきたダネリヤが、
ウクライナ人ならみんな知っているバンド、オケアン・エルジィ(Океан Ельзи)の楽曲を…!!

この歌、Не твоя війна(あなたの戦争ではない)は、
2015年の春、ウクライナ東部紛争が激化していた時期に発表された、反戦歌である。

(歌詞のほんの一部)
Гілля калин похилилося.
カリーナの枝がしな垂れている。(「ウクライナが悲しんでいる。」の比喩)
Мама, кому ж ми молилися?
ああ、お母さん、私たちはいったい誰に祈ればよかったの?
Скільки іще забере вона
戦争はまだあとどれだけ奪っていくの?
Твоїх дітей, не твоя війна?
あなたの戦争ではなく、あなたの子供達を。

◆原曲のMVはこちらから。
◆有志による歌詞(英訳)がLyricstranslate.comにて見られます。


完全に優勝にふさわしい選曲とパフォーマンスと歌唱力で締めくくった彼女。
歌の最後には、戦争と世界平和についての詩を詠んだ。
観客もコーチのMonatikとナージャ(Время и Стекло)も涙をこらえることが出来なかった。

ダネリヤは視聴者投票で1位を獲得し、見事優勝。
この時までウクライナVoiceでは、明確に外国人の参加者が優勝したことがなかったため、
彼女はその歴史をも塗り替えたのだった。
誰が見ても歌唱力と表現力で勝利が決まるVoiceという番組のことを、
このとき改めて素晴らしいとも思いました。

1+1公式サイトにて、ダネリヤの優勝について書かれた記事。
(訳:ウクライナVoiceキッズ4シーズンの勝者によるオケアン・エルジィのヒット曲は1日で100万回の再生数に達した)

この記事の中で、ダネリヤはこう語ります。

«За цей час Україна стала моєю другою батьківщиною. Я дуже вдячна, що ви в мене повірили. Дякую»

「この時からウクライナは私の二つ目の故郷になりました。
 みんなが私を信じてくれたことについて、本当に感謝しています。
 ありがとう。」

と。

この才能溢れる実に誇らしい勝者であるカザフスタンの少女のことを、
ウクライナの多くの人が支えているのです。


ところでウクライナVoiceキッズ4期の話題にはまだ続きがある。

MONATIK та Голос Діти - "Батькам"(両親へ)

Monatikと6人のファイナリストがメインボーカルを務め、参加者のほとんど全員で合唱する動画。
ウクライナのダリーナとカザフスタンのダネリヤが共演しているステージでもある。
前列左から3人目の背の小さいおさげ髪がダリーナ、
そしてそのふたつ隣、左から5人目のエプロンドレスの子がダネリヤ。


ジュニアユーロビジョン2018大会、
「ウクライナVoiceキッズ Monatikチーム同窓会」
じゃん……


わあ~~~~~~~~俺得!!!!!!!
どちらにも頑張って欲しいですね…!!!!!!!!!



ダネリヤちゃんレポート、
ウクライナVoiceの後、日々がどう変わったか。




ダネリヤはこの他にもウクライナポップスをいくつか歌っている。
Daneliya Tuleshova - ”Сдаться ты всегда успеешь”

◆原曲はこちらから。

ざっと見たところ、Сдаться~が初めてのウクライナポップスのカバーのよう。
さすがチーナたんのお歌。

Daneliya Tuleshova - ”Ноченька”
◆原曲はこちらから。


Daneliya Tuleshova - ”Тримай”
◆原曲はこちらから。

VoiceのブラインドオーデションでStone Coldの後にワンコーラスだけ歌っていた、


Monatik & Daneliya Tuleshova - ”Верность”(永遠)

コーチであったMonatikのライブ@アスタナ(カザフスタン)にゲスト出演したり。
(彼女との共演のためにカザフに行ったんじゃないかな…。)

◆Monatikの原曲はこちらから。

ウクライナのアーティストの歌の中でもロシア語の歌が多いのは、
やっぱり彼女にとって歌いやすいんだと思う。
カザフ語とロシア語で生活していても、ウクライナ語を使う機会はほとんどないだろうし。


ウクライナ国内予選は今年は内部選考だったけど、
カザフスタンは気合十分に、コンテストを開催してくれました!
(ただし音響設備は極めて良くない(苦笑))
私は勿論生放送で見たよ!!!!!



おめでとうの瞬間!!!(時間指定してあります)

ダネリヤちゃん見てていつも思うけど、
こんなに上手いのに自分が勝てて当然みたいな自信一切ないのだろうか。
ものすごーーく謙虚なリアクションが印象的。


Instagramでも、この奇妙な縁でウクライナ人となった少女のことを、
ウクライナのESCアカウントが熱心に応援しています。





「どうしてこのアカウントは(ウクライナのアカウントなのに)
 カザフスタンの代表のことを頻繁に取り上げるの?」
という純粋な疑問コメントにニヤニヤしてしまう日々wwww

目に留めてくれてありがとう!
ウクライナに、欧州に、広がれDaneliya Tuleshovaファンの輪…!!!!!

これによって一人でも多くの人が
(いや実際相当数が見ているのだけど)ダネリヤちゃんに関心を持つようになると
とても嬉しいなと思います。


さて最後に、今回のJESCで歌うことになる”Өзіңе сен”をもう一度。

(こんどはJESC公式チャンネルがアップしている動画にて。)

ウクライナのダリーナもうまいけど、カザフのダネリヤも非常に素晴らしい…。。


とまぁ、活躍のフィールドを世界に広げんとしているダネリヤちゃんですが
この”Өзіңе сен”(Seize the time)、原歌詞がカザフ語と英語のミックスであったり、
有志による多言語訳が上記サイトで見られたりするばかりか、

これを更新している10月24日……、
前編英語歌詞Verで歌う、歌詞字幕のついた動画がアップされました!!!

アーティスト本人から発信される歌詞の意味合いを理解しようとする…には
必見という他ありません。

さすがです…!!!!!!!!!
そしてこの一曲(一粒)で二曲聴ける(二度)お得感よ……

英語の勉強にも余念なく、
今年の春には11歳にして奨学金でスイスに英語留学…などという経験も積み、
ダネリヤちゃんは英語で自分の活動をアピールしていくことに
とても積極的なアーティストなのだなぁと思っていました。
JESCをきっかけに、きっとますますその傾向が強まっていくのだろうと思われます。

大会で旧友に会って外国人のお友達と思い出をたくさん作って充実した時間を過ごして、
楽しく本大会ステージで歌って欲しいですね。

もう一人の幼き才能溢れるウクライナ少女に幸あらんことを!!!!
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土