FC2ブログ

ポリーナ・ピサルツォワ(Поліна Пісарцова)がJESC2018ウクライナ国内予選ファイナリストに

ユーロビジョンのウクライナの国内予選はジュニアでも注目度高し
惜しくもナショナルファイナルで敗退した候補者の中に、
2年前のウクライナVoiceで知った、めちゃくちゃ好きな歌手がいた。
ポリーナ・ピサルツォワちゃん(Поліна Пісарцова)、13歳。
別に隠すわけじゃないけど、
実は選考中はこちらのポリーナちゃんを最推ししていた。
Поліна Пісарцова - Ти повір в любов
彼女の持ち歌、Ти повір в любов(愛を信じよう)は、
ハイトーンが魅力的な王道路線のポップバラード。
10人全部しっかり聴いて、一番上手いのはポリーナだよなと思っていて、
オンライン投票も彼女に入れました。
もっとも、ポリーナかダリーナのどっちかがいいな!という具合だったので、
ダリーナにきまったことに不満はゼロなんですが。
(他の候補だったらブツクサ言ってたかもしれないね…)
自己紹介動画。
ポリーナちゃんの活動概略、
11歳の時、”Голос Діти 3”(ウクライナVoiceキッズ版 シーズン3)に出場。
ダリーナちゃんの1年先輩に当たりますね。
Поліна Пісарцова - На городі чорна редька
このとき私はポリーナに心を奪われた。
ケシの花柄のヴィシヴァンカ(Вишиванка)いう民族衣装と
ヴィノチョク(Віночок)と呼ばれる頭飾りを身に纏って登場(かわいい)、
“Ой мама що буде〜〜!!!!!”の第一声で会場中を沸かせる。
やべえのが来たぞ…と思わせる導入。
この最高に楽しそうでテンション高いのがとってもいいね!!!
程なくしてコーチのちーなたんもノッリノリになるし、
観客のおばちゃんは踊り出して止まらない。
このリズム感とパワフルなヴォーカル、勢いに乗って全力で駆け抜けていく感じ、
最高!!!!!美しい!!!
いやあ~~~~~~これが神以外のなにものでもなかった。
ちょっと声量不足が気になる点には言及せざるを得ないと思ったけど…
でも技術的な面だけでなく、この路線と方向性が好きで、個人的には目が離せなくなる、
本当に大好きなステージ。
ここで歌った原曲は、ウクライナ民謡、"На городі чорна редька"。
↑の動画のキャプションによると、結婚式の歌らしい。
この歌、他で全然聞いたことがないし、
Youtubeでの検索結果もポリーナのこの動画がトップで、
他は再生回数数百~数万回の動画がちらほら…程度で、
どこの地域の民謡だとか、有名なカバーは誰の歌ったものかとか、
さっぱり分からず。
歌詞はヒットするので、知名度が低いということでは決してないのだろうけど……。
Поліна Пісарцова - Нас бьют – мы летаем
ロシアンポップスの古典、大御所歌手アーラ・プガチョワの"Нас бьют – мы летаем"をライバルたちとともに。
白いドレスの小さい子がポリーナちゃん。
しかしこの曲ではちょっと今一つ実力が出しきれていなかったのか、
男の子が抜きん出て上手くて(一番しっかり声が出てる)、
ポリーナちゃん、ここで敗退。
このときのポリーナちゃんは、
得意分野と苦手分野がはっきりしていたのか、
得意な系統やいっぱい練習して準備した歌は歌えるけど、基礎が今一つふらふらしていて、選曲や環境次第では歌えなくなる感じだったのか。
この3人でのバトルでは、ポリーナ敗退はやむなしと思ったけど、
На городі…がめちゃくちゃ良かったのが忘れられない。
彼女の他の歌も色々聴きたいし、もっと表に出てきてくれたらいいな~と思っていた。
Voice出場後のポリーナちゃん、
コンクール"Яскравi дiти Украïни"(ウクライナの色鮮やかな子供たち)にエントリーして、
2017年秋のハルキウ州大会にて優勝を収めている。
Youtubeの動画を見て回ったところ、このコンクールは州ごとに開催されているらしい。

Поліна Пісарцова - A million voices
これは未来のGOD DIVAの予感がします…!!!!!!!
説明不要の、ポリーナ・ガガーリナ(Полина Гагарина)がESC2015で歌ったA million voices
このA million voicesは超素敵。>/div>
ポリーナちゃんは高音パワーバラードに合ういい声をしているし、
難しい歌をよく歌いこなして、丁寧な思いのこもった力強い声がいいね。
TAYANNAのカバーとかするとハマりそうですね。妄想。妄想。。
地方のTV放送局にて、ポリーナの優勝を報じるニュースのワンシーン。
ILLaria & Поліна Пісарцова - Вільна
2018年3月、ILLariaのコンサートにゲスト出演した際のデュエット。
(彼女たちはどういう縁で繋がっているのだろう…)
すごーーーーく難しい歌その2。
このへん聴いてると、Voiceに出た時より技術的に一回りも二回りも磨きがかかっているのが伝わる。
好きな子×好きな子は最高(単純)。
Поліна Пісарцова - Баллада о Матери(母についてのバラード)
王道のソ連歌謡。
低音パートと高音パートで、裏声とはまた違うけれども、声の出しかたを使い分けていて、どっちの声も美しい。
音響設備がそんなに良くないし、野外のステージとも呼べないような路上で歌っていて、
オーバーに芝居がかった演出もないのにこの出来ぶり。
ハルキウのメトロの駅の前の広場とかで歌ってたのかな。
通りすがりに遭遇したら、幸運に感謝するとともに足を止めて聴き入ってしまうだろう。
以上ポリーナちゃんのお歌が好きだ~~~~という話。
ぜひ来年リベンジしてほしいところですね!
Voiceにももう1回出てくれてもいいんやで…!
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土