FC2ブログ

ГолосКраїни8感想 - 最終回【第14週目】(1/3)

放送日が4月29日(日本時間にして深夜3時からスタート)で、翌日が祝日だったため、
今回ばかりは全編リアルタイムで見ました。
ネタバレも食らわないし最高です。

◆◆◆全体動画は下記のアドレスから。◆◆◆


オープニング

まずはいつもどおり、最終回のオープニングはファイナリスト4人の合唱。
最初一人ずつ歌い始めるところ、
スルブイが一番うまかった気がした。
寝転がった状態であの声が出るのすごくない。
アンドリーさんもすごい。
アンナはちょっと冗談みたいに聞こえた。
いや、アンナは声質そのものがまだ子供っぽい状態にあるのと、
周り3人がスーパー歌唱力なだけで、アンナもそれなりに上手いのだ。
(本気の才能と栄光と信頼のウクライナVoiceのファイナルに「それなり」レベルの挑戦者が残っていていいのかしら、という疑問はやっぱりあるけどね。)
最後はオレーナ。
事前に公式サイトのインタビューで「ファイナルではお祖母ちゃんが歌っていた歌を歌う」と
語っていたから、
新しく開眼させたロッカーの側面をここで発揮するわけなのですね。

このオープニング、冗談じゃないぐらいかっこいいな……

一番好きだったシーンが、
オレーナ以外の3人がメインステージに集まってきて、2回目のサビがあって、
円の中央に4人が背中合わせに集まって、
バトルもののアニメだったら「これから必殺技ですよ~」みたいな煽りになるところ。
超!!!大好き!!!!!!
特にオレーナ&スルブイがタイミングを合わせてターンしたところで、
とてもテンションが上がったね。
私の大好きなQueenたち。

カメラ近付いたタイミングでの、アンナの挑発的なジェスチャーもよかった。
ここまででも思ってきたけど、この子は撮られ慣れしてる。
自分にカメラが向いたタイミングと何か求められているタイミングを瞬時に解してる?

ってかでも落ちかけのブラ紐を直す動作はやめよう????
我慢しよう…????
スタイリスト仕事してくれーー



①スルブイ・サルフシャン(Србуї Саргсян)

ステージ前の動画では、2014年のウクライナのユーロマイダン動乱と、ついこの間から火が付いたアルメニアのデモが重なると語るスルブイ。

恥ずかしながらニュースを最近チェックできておらず、これ見てから調べたら、
「11日間のデモの末に4月23日に大統領が辞任」
というような記述を見つけたので、
ちょうど生放送1回目の週ぐらいから発生したデモだったらしい。

ノックアウトまでにはなかった想いがスルブイの中に生まれていたのか……

ウクVoiceに出場するアルメニア人の中には、キイウやハルキウの出身の人が多いけど、
スルブイは生活や音楽活動の拠点をウクライナに移しているわけではなく、
ウクライナの地を踏んだのは今回が初めてなのだと公式サイトの記事で読んだし、
彼女のインスタの投稿(Voiceに関するもの)が基本的にロシア語とアルメニア語の併記になっていることからも、彼女はアルメニアの人なんだということががよく分かる。

とても悲しくなってくる導入部。
彼女は政情の観点でウクライナと母国を重ねて心を痛めている。

ウクVoiceのファイナルに明確な「外国人」が出場することは珍しい。
3期でグルジア人が2位になった時以来だろうか。
だから「どうしてウクライナのVoiceに来たの?」という動機の説明のひとつとして
この話が挙がったんだろうと思って、

それはそれ…として見ていたけど、
気になるスルブイの選曲は………

””””HUMAN””””

さっきの政情の話は前置きだったのかとここで悟る。

背景のスクリーンには、ウクライナの国旗を模した青と黄色、
20世紀後半~21世紀の欧州各所で起きた歴史的な代表的な出来事の動画が流れ、
先に触れたウクライナのユーロマイダンとアルメニアのデモに関する動画も挙がり、

スルブイは、
「私たちは人間なんだ」
「人間だから間違うんだ」
と歌う。

圧倒的なパワー。
見ていて震えそうになるぐらい、怖いぐらいの瞳の見開き方。
歌うというより、叫んでいる、演説をしている、語るように、大切に発される言葉。
力強い表現を付け加えるジェスチャー。

このときのスルブイには、
票を入れてもらえるように、綺麗に、かっこよく歌おう!という気持ちは
多分なかったんじゃないか。

大音量にあわせて歌詞を口に出して紡ぎながら、
自分が人間として、アルメニア人として考えていることを思い起こしたら、
自然とあの表現になったんだろうなって思う。

ウクライナもアルメニアも、
間違いながら、歴史を繰り返しながらでいいから、良い国を作っていってほしい。
たくさんの間違いの中でも、それなりに心穏やかで幸せな暮らしがあってほしい。
彼女のステージを聴きながら、自然とそういう気持ちになりました。

これは感動以外の何物でもないよ。

歌唱力にも寸分の疑問もないしな。。
ファイナルまで来たらもう、全員ESCで優勝してもおかしくないクオリティの世界だから
今更歌唱力があるかどうかに触れる余地が基本的にない。

ともかく、今までのスルブイのステージで、一番好きでした。
スルブイ見ててずっと、めっちゃ上手いけど好きだけどもう一歩欲しいなって思ってたけど、
今回の正直頭おかしいやろwwwレベルの力強い声とパフォーマンスが、
そのもう一歩を埋めてくれたような気がします。

ウクライナの歌は、政治的・愛国的表現を纏ってより美しくなる特長があって、
この点は私がウクライナの歌を好きでいる理由の一つなんだけど、

自分の国が本当の自由と平和を勝ち取ってほしい、
自分たちが安全に穏やかに幸せに生きていける世界になってほしい、
政情不安から将来に不安を抱える彼らにとって非常に切実な願いが込められた表現は、
こんなにも美しい歌になれるのか。
いつもぼんやり思っていることだけど、改めて強く感じました。

そして私はこういうメッセージの歌と生ステージが大好きです。


ところで、上に貼ったスルブイの動画は、実は当初の放送分ではない。
放送の翌日、公式から一度動画が消されてしまったのだ。

以下は、動画がしれっと消されていた間の出来事。

【Instagram番組公式アカウントでの事情説明】

Команда проекту "Голос країни" приносить свої вибачення за технічну помилку, допущену вчора у фінальному прямому ефірі, коли у номері учасниці Србуі Саргсян замість вірменського прапора на екрані був показаний азербайджанський. Цей номер Србуі був покликаний сказати про права людини і спрямований на підтримку у боротьбі за свободу. Відео виступу учасниці було видалено з офіційного аккаунта проекту в Youtube для того, щоб виправити цю помилку і показати задум номера у повній мірі. Ми розуміємо відповідальність за інцидент, тому просимо вибачення перед усіма, чиї почуття могли бути ображені.

Голос країни / Голос. Дітиさん(@goloskrainy_official)がシェアした投稿 -



Команда проекту "Голос країни" приносить свої вибачення за технічну помилку, допущену вчора у фінальному прямому ефірі, коли у номері учасниці Србуі Саргсян замість вірменського прапора на екрані був показаний азербайджанський. Цей номер Србуі був покликаний сказати про права людини і спрямований на підтримку у боротьбі за свободу. Відео виступу учасниці було видалено з офіційного аккаунта проекту в Youtube для того, щоб виправити цю помилку і показати задум номера у повній мірі. Ми розуміємо відповідальність за інцидент, тому просимо вибачення перед усіма, чиї почуття могли бути ображені.

The Voice of Ukraineのプロジェクトチーム一同は、昨日のファイナルの生放送時の技術的なミスについて謝罪いたします。
スルブイ・サルフシャンのステージの際、アルメニアの国旗の代わりに、アゼルバイジャンの国旗がバックスクリーンに表示されたことについてです。
スルブイのこのナンバーは、人々の権利について訴え、自由を勝ち取るための戦いを支えるものでした。
この動画は、間違いを直して、このナンバー全体を通してのメッセージを示すために、Youtubeの公式アカウントから削除されました。
我々はこの事件についての責任を理解して、このことに憤りを覚えているすべての人に謝罪いたします。


言われてみれば、
ステージのラストで背景に写ったカラーリング、青と緑と赤だった気がする!
たった1回しか見てないのでうろ覚えだけど……

アルメニアとアゼルバイジャンの国旗の配色は知識としてさすがに頭に入ってるけど、
スルブイの歌の内容で頭がいっぱいで、
「なんでアゼルバイジャン国旗なんやろ??」って気付く余裕なかった。

初っ端のスクリーンが青と黄色のカラーリングだったから、
「ウクライナ配色で始まって、アルメニア配色で締めくくるんだろうな」と先読みをしたので、
先入観で見てしまったという効果もある。

そっかーーー
そんな問題があったのかーーーーー
「技術的な問題(технічна помилка)」ってなんだろうな……
不思議。

当日1+1の公式サイトでリアルタイムで見て、Youtube一度も確認しないで、
翌朝見たら動画消されてたから、
一体いつ消されたのか、米欄で何があったのかも分からないんだけど、

本当に技術的なミスだとしたら、悪質ないたずらなのだろうか。

あるいは実際のところは技術的なミスではなく、
(自チームのリハ立ち会ってるだろうポタプさんが何の疑問もない顔してるから、
 仕様でアゼルバイジャン国旗だったのかな。)
歌のメッセージの表現の一つとして、政敵の国旗を槍玉に挙げたら思いのほか叩かれて
収集つかなくなったのかな……。

名ステージの一つが消されてしまったことが残念です。


【これに対するスルブイのコメント(ロシア語)】


Все мы люди и иногда можем ошибаться. Я хорошо знаю команду «Голосу країни» и верю в искренность ее извинений. Мое выступление действительно было посвящено борьбе за свободу и права человека, в нем нет места провокациям. Я благодарна профессиональной команде проекта за возможность развиваться и поддержку. А ещё больше благодарна украинцам за их доброту и тепло.🙏

私たち人間はときどき間違いをすることがあります。
私はThe Voice of Ukraineのプロジェクトチームのことをよく知っているし、
チームからの謝罪を、誠意をもって信じます。
私のステージは自由を勝ち取るための戦いと人々の権利に対して真に捧げるものであったし、
そこに挑発の余地はありません。
私はプロフェッショナルな番組運営チームに対して、
成長の機会を与えてくれたこと、支えてくれたことについて感謝しています。
それから、ウクライナの人々の優しさと温かさについて、もっと感謝しています。



【スルブイのコメントをウクライナ語に訳して公式アカウントで投稿されたもの】



なんか残念なことになってしまったけど、言われたことは受け止めるしかないわな。

私はアルメニアvsアゼルバイジャン政情のウォッチャーではないので、
ちょっと意味がよく分からないんですが、
このHumanで大好きになったスルブイちゃん、
彼女が幸せで、これからも自分らしく歌手活動をしてくれれば良いなあと思います。

あと、ウクライナVoiceの運営側が、
「外国人の挑戦者が生放送へ進むとロクなことがない(から適宜テコ入れしよう)」
みたいな風に考えないで貰えればいいなと思います。


【問題部分を修正の上、5月1日に上げなおされた動画】

このような経緯があって、修正版動画が今はYoutubeの再生リストにも含まれている。

アゼルバイジャンカラーがスクリーンに映った部分について、
別のカメラで撮った盛り上っている観客を映すという策に至ったようだ。
ちゃんと対処がなされたのは良かったけど、
消されてしまった部分のスルブイは視覚的にも重要な意味があったと思うので、
やはり残念な結果。

問題の経緯を知らないでこれを見たら、なんで最後の最後、観客しか映らないんだ?
って思うのかな。
特に疑問なく受け止めるのかな。

個人的には、リアタイで見てよかったです。

ちなみにこのスルブイのステージは全体動画だと(12:30~)に相当するのだけど、
全体動画の方では、紹介動画部分で流れたアルメニア動乱の動画が映っていた。
音声はもちろん通常どおりで。

気になる当初の動画は、有志(?)がアップしたものがいくつかあるのだけど、
Youtubeでは1+1の削除依頼とのイタチゴッコ状態なので、
見たい人は頑張ってどうにかしてください。



②アンドリー・ルィバルチュク(Андрій Рибарчук)

初っ端スクリーンに映ったのは、ドミトロ・フナチュクかな??

ウクライナ民謡、Ніч яка місячна(月夜)、率直に言って選曲が本気のやつだ。
アンドリーさんは公式サイトのインタビューで
「ギターだけ持って、ウクライナじゅうを旅して、各地のバルやパブで歌いたい」
と答えていたから、
アコースティックなロックやしんみりしたポップスや現代的なバラードを歌うのだろうなと予想していたので、民謡だったことに少し意表を突かれた。

この歌はオペラ風に歌われることが多いんだけど、
今回は、部屋着みたいな服装で、アコギ抱えて、カジュアルに歌うんだよね。
なんかいつものНіч яка місячнаと違うわ……

そして間奏の楽器演奏がめちゃめちゃかっこよくて、
観客の皆様が完全に良く分かっているタイミングで歓声を上げたけど、
伴奏の旋律とリズムの取り方がフラメンコ風のラテンアレンジのようになってきて、
これは新しい!!!!そしてかっこい!!!!!!!!

この人の歌い方は、決して声を張り上げて熱唱…というわけではなく、
本格的な音楽教育を受けてはいないのに、歌唱力も表現力も不思議なほど魅力的で、
この手の人がファイナルに残るのって珍しい。



③アンナ・トリンチェル(Анна Трінчер)

こういう楽しい気分になれる古めかしいアメリカンなジャズ・スウィング、
大好きです!!!!!!!!!!
ジャマラちゃんが普段得意としているジャズとは系統が違うけど、
この選曲はジャマラちゃんチームならではだと思った。

この曲は大好きだったし、アンナにとても合っていると思った。
でもこの歌唱力は、ファイナルまで進出するべきそれだっただろうか…????

これもノックアウトぐらいまでに見られれば、ファンになったと思う。
あるいはオーディションじゃなくて、順位を付けることが目的ではないコンサートで見ていたら、私はこれをとても高評価したと思う。

ステージから降りた後、応援に来たお友達(Школаの俳優仲間?)の男の子からお花のプレゼントを受け取っていた姿は、スターそのものという具合で良かった。
こういう場面もしっかり映してくれるカメラさん好きです。



④オレーナ・ルツェンコ(Одена Луценко)

お祖母ちゃんの歌、これだったか……!!!!!!!!!!
何らかの民謡か60~70年代のポップスを選ぶのだろうとは思っていたけれど。

もうやばい。
言葉が出ない。
彼女の姿から目が離せなかったし、彼女の声は魔法のようだった。
ウクライナとはオレーナ・ルツェンコである。
オレーナ・ルツェンコはウクライナの魂そのものである。
なんて完璧なのだろう。
いや、完璧以上なのだろう(日本語おかしいけど)。

この歌い方と音程、難しそうなアレンジになっていたのに、
あまりにも完璧に歌いこなしすぎだろう。
芸術的。

オレーナをニーナ・マトヴィエンコに喩えるの、本当に大正解だと思う。
いや、彼女はあのニーナを超えることもできるだろう。

オレーナの歌が本当に大好きだ。
このステージ、ただただ美しかった。

4:56~にて、せるげニキコーチがすごい顔芸してるけど、
歌い終わった後はすごいモン見た後で息が出来なくなってるようなリアクションだけど、
ほんとニキと同じ顔と同じリアクションになったもん………
すごいもの見ると息するの忘れるよね。分かるよ顔芸ニキ。。



■■第1ラウンドの結果発表■■

通過する3人が、得票率の多い順に一人ずつ名前を呼ばれていきます。
私の感想としては、
オレーナ>スルブイ>>>>>アンドリー>アンナ
なんですが、

ウクライナじゅうに魂を響かせたオレーナが一抜け。
これは嬉しい~~~~~~~~~~

そしてアンナが2位。
やっぱり若い子ちゃんファンの投票量がすげえのか……

アンドリーさん3位。
まあちなたんのチームが今更ここで敗退はないと思った。
(3期とキッズ1期はちなたんチーム最下位だったのに、その後が英雄なんだよな。)


ああ……
嘘だろ……スルブイ………

第2ラウンドに向けて、コーチとのデュエットの準備もしていたのに………


ファイナルの進行の仕組みがこれである以上、毎回いくつかのステージが切られていくのは
仕方のないことなんですが、
これが披露される機会を失ってしまったのが悲しい。

5期にポタプさんがコーチを始めてから、ポタプチームが4位で切られるの初めてなんだよね。
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土