FC2ブログ

ГолосКраїни8感想 - ノックアウト②【第11週目】(2/2)

後半のちなたんチームを見ていきます。

◆◆◆全体動画は下記のアドレスから。◆◆◆


①メリ・ナデモ(Мері Надемо)

今期、ちなたんチームでの一番の推し、メリたん~~~~~~~
(なお二番目がオレーナ・カラス)

メリたんもうびっくりするほど完璧に上手いし、パワーに溢れたお声が最高~~~~
って思ってる。
こういう系統ほんと好きなんだよなあ……
今回の歌も、求めていたものそのもの、期待通りといった路線と完成度。

ポタプさんもジャマラちゃんもベタ褒め。
分かっていらっしゃる。
まずは1番に着席。
と、これはこれでいいのだけど、
実は予告動画で、
カーチャが1番目の席にいた場面と、カーチャが4番目の席にいた場面が映ったので、
つまるところ、
カーチャより前の順番で出てきたメリたんは敗退……ってここで分かってしまった。

トップバッターで出てきた時点で、駄目なんかい~~~~って冷めた。
ステージ聴いたらめちゃめちゃ良かったから、
このあと後ろへやられる一方なのが非常に悲しい。


②オレクシー・バクラン(Олексій Баклан)

今期で再生数トップ勢のバクランさん。
米欄見てても彼を支持する声がめちゃめちゃ多くて、大人気らしい。
X-Factorに出た経歴ゆえに固定ファンがいるのだろうか。

でも先程の理屈により、この子も敗退するんですよね………

ちなたん「2番目の席へ」

会場に若干あまりよくない雰囲気の観客の声が響き渡りましたけど………


③カテリーナ・セヴェロヴァ(Катерина Сєвєрова)

結果が分かって見ます。

原曲は、Цвіте терен(スモモの花が咲く)。
Bオデと同じ民謡路線だけど、驚くほどに格段に成長しているのがよく分かる
こんなにはっきり伸びが分かるのもすごい。
ちなたん一体何をしたんだ………

ジャマラちゃん「3番目」
ニキ「2番目」

分かるわ、メリたんよかったもんな…!!!!!!

この撮影日がちょうどお誕生日だったらしく、ステージ上でお祝い。
ちなたん
「カーチャ17歳の誕生日おめでとう!
 私からのプレゼントは、1番目の席だよ!」



④マルタ・ラーク(Марта Рак)

普通に良かったし、この子に求められていた歌唱そのものだったと
私には思えたのだが………

ちなたん「4番目の席へ」

聴き間違いかと思った。



⑤Трио "Nude voices"

カーチャ、ヴァイオリン弾けたのかよ。
この新しい驚きが用意されている展開はさすがちなたんのチームだと思わされる。
出だし、タイシャの息子さんは歌詞がトンでしまったらしいが、
色々と可能性と意外性が詰まっていて、実に楽しいステージだった。
バトルと今回で、もうすっかり、このトリオすごくない?!?!?!ってなってるぞ。

ポタプさん「1番目」

ちなたん「1番目の席へ」

おおおおおおおおおおお???????
そこまでよかったか??????



⑥ワシリー・デムチュク(Василь Демчук)

非常に似合っている選曲だし、
無難に普通に良かったと思うし、
この子もちなたんお気に入りっぽいので通過するのだろうと予想。

ちなたん「2番目の席へ」

お誕生日プレゼントがだんだん追いやられていくんですけど……????



⑦オレーナ・カラス(Олена Карась)

スーパースターの余興(という印象を私は受けた)みたいなステージを
Voiceのこの段階でやるのって斬新だな~~~

オレーナ大好きだし、このステージも私は大好きだったんだけど、
これは彼女に求められていた選曲なのだろうか……??????
少し不安になってしまった。

ニキ「2番目の席へ」

ジャマラちゃん
  「とてもよかった。でも、(今4番目に座っている)メリには進んでほしい
   チーナがどう選ぶのか全然分からないよ…」

まったく私と同意見です…!!!!!!!!!

ジャマラ判定は、他の3チームについて語っているときは、高確率で私の意見と被るし、
でもジャマラ自身のチームの判定は、合わないときが多い。

ちなたん「1番目の席へ」

Youtubeのキャプションについてるタイトル(Tribute to Stevie Wonder)と、
テロップ上のタイトル(Прпурри)が違うな……



⑧ミハイロ・ソスノウ(Михаило Сосунов)

ちなたんお気に入りっぽいので、この子は通過するのだろうと読んでいる。

この子のジャズボーカルめっちゃ似合いそうな高音の声、それ自体は好きなんだけど、
この歌はこんな風に歌う歌だっただろうか……
圧倒的違和感。
合間のウオ~ハア~みたいなスキャットの入れ方が圧倒的コレジャナイ感。
なんとなく、正直あまり好みではなかった。
(この歌のアレンジ自体が駄目というわけではなく、歌い方が合わなかったと思う。)

ちなたん「1番目の席へ」

は????????

えっ??????????

いや少なくとも1番はないやろ………
どんだけお気に入りなん……

ちなたんも過去にこれを歌ったことがあるよ!
(ウクVoice3期の余興での、コーチ同士のデュエット)




⑨アンドリー・ルィバルチュク(Андрій Рибарчук)

もうすでに「優勝しそうな人」。
Bオデで出てきたときから「優勝しそうな人」の風格だったなあ。

もう少しでイントロが始まるぞというところで、
明らかに緊張した様子。
ちなたんは「Давай, ти можеш(頑張れ、あなたならできる)」と声掛け。
このやりとりとても好きだぞ………

それはそうとして、このアンドリーさんが別格に上手いのは分かるし、
歌うとき別世界に没頭する雰囲気が興味深いけど、
こんなに絶賛されているのに、私自身はそんなに好き~~~~~~っていう風になれないで
今に至る。
オーディションとして勝ち進む価値は十分にあると思っているのだけど、
単純に系統として好みかそうでもないかという問題で、
こういう悲しくてきれいな声のバラードの系統を自ら好んで聴くことはないからな……

でもこの人がうまいのは分かるよ~~~~
なんかもう、魂の色が違う、っていう印象をビシビシ受ける。

そして予想どおりの通過!

ワシリーがあからさまに悔しがっているが。
ウクVoiceキッズ2期(2015)からのリベンジャーが、
ミキータ、ヴィオレッタ、アンナ、ワシリーと今回4人いるわけだが、
自分だけここで敗退するのは辛かろうな……
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土