FC2ブログ

ГолосКраїни8感想 - ノックアウト①【第10週目】(1/2)

ノックアウト1週目は、せるげニキのチームからはじまります。

◆◆◆全体動画は下記のアドレスから。◆◆◆


①オレーナ・ルツェンコ(Олена Луценко)

えっ………
そういう路線……?!?!?!?!

Bオデのオレーナちゃんこれやぞ……???????
未来のニーナ・マトヴィエンコやぞ……?????????
どうしてこうなった…??????
オレーナちゃんはBオデの路線に磨きをかけていくのだろうと思っていた。
バトルは、まあ、バトルだから…ぐらいに思ってたけど、
バトルと同じ系統というか、バトル以上に激しい楽曲。。

そういうわけでただひたすらびっくりしたのだけど、
聴き進めていくと、
えっなにこれめちゃめちゃかっこよくない?????
大正解じゃない???!?!?!?!

ギラッギラのハードロックをかっこよく歌いこなす姿に、
二重にびっくりだわ……

ニーナ・マトヴィエンコ風の昔の歌や民謡を歌う彼女を、Bオデで好きになったけど、
声を張り上げてロックやメタルを歌うのも、同じぐらい似合うやん!!!!!
対極みたいなジャンルなのにどっちもいけるってすごくない?!?!
オレーナちゃんのことがよりいっそう好きになった。

基礎がしっかりしているのか、
実はこういう歌に向いている声だったのだろうか。

せるげニキ
「先日(バトル)は現代風の歌を、今日は伝説的なナンバーを歌った。
 そして明日は神に捧げる歌を歌うんだ」

オレーナちゃん
「このプロジェクトに出られてよかったと思ってる!
 今まではウクライナ語のゆっくりした抒情的な歌を中心に歌ってきたけど、
 このプロジェクトを通しての経験で、私は変わることができた!」

なるほど、本格的な新ジャンル開拓だったのか。
たしかに言われてみれば、慣れない表現を手探りで頑張っている途中って印象もある。
ニキの言い方だと、いろんな系統が歌えることを示して行こうな!
ってことみたいだ。
これは期待が高まります……!!!!!!

他コーチたちも絶賛で、ニキの判定は「1番の席へ」。

まずは当然の着席として、ここからどんな展開になるのか。。
個人的にノックアウトでオレーナがいなくなるとしたらあまりに悲しいのだけど、
ニキチームは全体的に強い。
去年ニキチームのノックアウト1番手だったマルタ同様、
最後まで粘り切れるだろうか。

ところでオレーナちゃんの2013年の動画を見つけたので貼っておきます。
出身地も同じだし、間違いなかろう。
5年前、15歳かあ……。



②ドミトロ・ストヤン(Дмитро Стоян)

選曲モナーチクかよwwwwwwwww
笑ってしまったwwwww
だってこんなん最高に盛り上がる~~~~~~

Bオデといい、バトルといい、この子は一貫して
にぎやかなパフォーマンスでとにかく周りを楽しませるステージを披露している。
実際、そういう系統が似合っているし上手いのだと分かる。
底抜けにムードメーカー歌手なんだなあと分かるよ。

ノックアウトのコーチコメントは、
ユーリさん(司会)が、まずは周りのコーチ1~2人に
「感想・評価」と「自分だったら何番目に座らせるか?」を述べるよう話を投げ、
最後にコーチが判定、
という恒例の流れになっている。

元コーチであるちなたん「ごめんね、いつだって君は私の1番だよ♡
ジャマラちゃん「オレーナのほうがよかった、2番目の席」

私はジャマラちゃんに賛成だ。

ところでちなたんはステージ直前に最高の笑顔で、
独り立ちして成長した我が子を久しぶりに、でもいつもより近くで見る母のように、
「ジーマ・ダヴァーイ♡(Дима, давай♡)」
って言ってたのも好きで。
感想がいちいちキモオタ的であるのはご了承願いたいです。。。

ニキの判定は「2番目の席へ」とのこと。



③オレクサンドル・チェクマリョウ(Олександр Чекмарьов)

すごくいいとも思わないし、特段欠点があるわけでもない。
こういう美声は私の好みではないので、あっ、はい、という反応になってしまうが、
リベンジャーなのでそこそこ進むんだろうか。。
2番目に着席。


④ユーリ・カナロシュ(Юрій Каналош)

Bオデでもバトルでも質の高い歌唱を見せて、
つい先週は、あのフリスティーナを破り注目を集めていたわりには
いまいちじゃない……?????????

ポタプさん「4人の中では、4番目の席だな」

せるげニキとの会話の中では、
思った通りの歌が歌えなかったらしく、
またこの歌を選んだことについて、
悔しくて言い訳している。

せるげニキ「3番目だな」

おっと…………


⑤アナスタシヤ・マツーツカ(Анастасія Мацуцька)

折り返し地点の5人目で、意味深な扱いを受けていたナスチャの登場。

まあまあ無難に普通に上手いと思うんだけど、
これまでの扱いから想像していた姿と比べて、なんかいまいちじゃない…?????
カラオケ的というか。
でもきっとこの子は通過するんだろうな、と冷めた気分になってしまう次第。

ユーリさん(司会)「(仮にあなたがコーチなら)何番目の席に座らせる?」
ちなたん「自分の歌を歌ってもらったときってなんとも言いにくい~」
とのことで、

ニキの判定は「3番目の席へ

!?!?!?!?

えらいお気に入りっぽくしてたわりに、あれっ…??????
そうなの…???????
なんとなく1番席に行く確信があったわ……
この段階で3番目って決して安全圏ではないよな。。



⑥ドミトロ・サムコ(Дмитро Самко)

私のお気に入りのロッカー、ドミトロさん、
ソ連人ならきっと誰もが知っている!!!
1960年代のモスクワで燦然と輝いた反体制の詩人、ヴィソツキー(Владимир Высоцкий)の
Парус(心拍)のカバーで登場。


選曲が意外すぎた…!!!!!!!!

ヴィソツキーの名前と位置づけぐらいはさすがに知っていたけど、
こうして歌をフルコーラスしっかり聞くのは初めてかも。
有名なのかもしれない。

しかし心からの激熱ロックを歌ってくれるのを期待していたし好きだったのに
なんかこの人もいまいちだ……
もう一歩足りない感じがしてしまう。
悪くはないんだけど、Bオデとバトルのほうが好きだったかなあ。
最後に跪くのも、なんとなくしっくりこないというか、浮いているというか、
作りものっぽいかんじを受けてしまった。

ジャマラちゃん「2番目ね、オレーナのほうが良かったかなあ」
ちなたん「とってもよかった。1番目の席へ」

オレーナを高評価するジャマラちゃん、気が合うね!!!!!
オレーナ推しとして嬉しいぞ!!!!

ニキの判定は「2番目の席へ」

ともかくも安全圏への着席。
やったぜ!
今回ちょっといまいちだったけど、ここまででとても好きになった人だ。
ドミトロさんの歌もっと聴きたいし…!!!!

そしてオレーナちゃんが通過決定しました。



⑦マリヤ・フルセンコ(Марія Хурсенко)

だからエリカにしとけって言ったのに。

Bオデもバトルも今回のノックアウトも、この子の歌は、
悪くはないし下手でもないんだけど、
他のアーティストたちと比べると面白味に欠けるんだよねえ。

ジャマラちゃん「セルゲイ、残念だけど、マリヤの歌は……ここに音楽はなかったよ」
ユーリさん(司会)「何番目の席にする?」
ジャマラちゃん「(座らせてあげられない~~という苦い表情とジェスチャー)」

だよねーーーーーー

せるげニキも言っていたとおり、
この子が自分のお父さんを本当に誇りに思っていて、
この子はきっと物心ついたときからいつも歌がそばにある生活をしてきて、
家族が大好きで、
歌が大好きで、
いや、好きというか、長年連れ添った熟年夫婦が「好き」とか思わないのと同じように、
彼女にとっての歌とは、人生の中で当たり前のように生活の中にあったもので、
だからこそ自然な流れで、自分も歌の道に進みたい!!!!
って思っている感覚だけはよく伝わる。

評価される歌が歌えていない彼女のことが少しかわいそうでもあり、
いつかうまくいってほしいと思う。



⑧ロマン・ナボジュニャク(Роман Набожняк)

BオデではПід Облачкомを歌って、今回はСтіна(壁)ときた。
この人、スラヴァさんのファンなのかな????と思われる選曲。

私自身この原曲が好きで、
今回のラップっぽいアレンジはかっこいいし、

ロマンさんについては、
Bオデ→悪くはない
バトル→普通
という印象だったんだけど、
このСтінаを聴いて一気に好きになった。

こういう、ガンガンに攻めて突き刺してくるロックが、私は大好きだ。

Bオデ時、個人的には、ウクライナの歌を歌ってほしいなあと思っていて、
その妄想が現実になったけど……

ポタプさん「4番目の席へ」

そうなんだ………?!?!?!?!??!

せるげニキ「4番目の席へ」

えええええええ

バトル時に大絶賛だったので確信があったんだけど……
そうなの…?!?!?!
そんでしかも先程のナスチャが敗退してしまった。
予想が大きく外れる。



⑨ヴァレンティン・ビレンキー(Валентин Біленький)

生放送進出が約束されたような事前評価のヴァレンティンさんが
ニキチームのラストを飾る。

この人が上手いのも、お声が綺麗なのも、表現力に長けているのも、
心にしみるのもとっても分かるんだけど、
きっと単純に好みの問題で、
私はこの人のことがそんなにめちゃくちゃ好きというわけでもなく。
なんとなく冷めた気持ちで見てしまう。

なお、ちなたんチームのアンドリーさんもまったく同様である。

そしてニキはヴァレンティンを選び、ロマンが敗退していく。

そんなわけで、生放送進出の4人組は、
オレーナ、ドミトロ、オレクサンドル、ヴァレンティンに決定。

私の一押しはオレーナちゃんです。
ウクライナの民とせるげニキ、どうかよろしくお願いいたします…!!!!!!!
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土