FC2ブログ

Laud(Влад Каращук) - ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける⑧


*******************************

順不同に予選参加者を紹介する記事。

続いては、Laudこと、ウラド・カラシチュクさん(Влад Каращук)について。
つい最近メジャーデビューを果たした、現在20歳の新人男性歌手。
メインジャンルはファンク(らしい)。
Jamalaの個人的お気に入り、大絶賛のアーティストであるということが
注目すべき度合いに拍車をかけている。

当初、本名のウラド・カラシチュク(Влад Каращук)という名前で馴染み深く、
当ブログのその他の記事で「ウラド君」と呼んで指しているのは彼のことなわけですが、
Laudという名義は、メジャーデビューにあたってつけたものなのだろう。

本人の証言ではないが、おそらく由来は、
ファーストネーム(短縮形)のウラド(Влад)のアナグラムと思われる。
(「Влад」は音声をラテン文字表記にすると「Vlad」だが、
 ウクライナ語で、この綴りの場合「В」は「V」ではなく「U」の発音になること。)
そんで、英語だと「賛美・賞賛」という意味になるんですね。
良い名前付けたね…!!!!と思っています。



■■Голос Країни(ウクライナVoice)6期■■

彼もまたГолос Країни(ウクライナVoice)出身の歌手になります。
今回(も)Voice関係者が多いんだよ…!!!!



このねっとりしたお声は、好みが分かれそうなところだけど、
基礎はしっかりあるんだよね~。
奇を衒っているというわけでもなく。

ウクライナ民謡を歌ったり。


英語のお歌を歌ったり、


特にこのRunningは名ステージ中の名ステージだと思う。
溜め息出る美しさ。
ウラド君はウクライナVoiceのオーディションで最終選考まで進み、
最終回(生放送)の日、ゲストで呼ばれたJamalaが、
司会に「お気に入りの(オーディションの)挑戦者は?」と訊かれて、
「ウラド・カラシチュク」と答える場面。


ESCで優勝して凱旋してきたばっかりのJamalaにお気に入り指名されたら、
すごい栄誉なことだろうよな……。
そして彼のポテンシャルを信じたくなってくるし、期待が膨らむ。

それから1年後のウクライナVoice7期では、Laudの音楽仲間が出場した縁で、
彼は開場に遊びに(仲間を応援しに)再来。
ここでは、
その音楽仲間のコーチとなったJamalaと即興のセッションをする機会が。


こっちでもRunningを歌っている。
即興セッションにも対応できるようになったウラド君。

この流れを思い出しながら、
今回ウラド君がこうしてESCに挑戦する!というのを思うと、
子供の成長を見守る親のような気持ちになる。



■■メジャーデビュー■■

動画数は多くないけど、オリジナル曲(2作)をもうしっかり持っているのだ。



У Цю Ніч(この夜に)という曲。
これがLaudがメジャーデビューして最初の楽曲らしい。
すごく今流行りのやつ。
気軽にライブハウスで聴いたり、踊りながら聴いたりできそうな歌。




ご自身のオリジナル楽曲の生歌動画、ということでひとつ貼っておきましょう!
生放送番組の余興で歌ったもの。




Не залишай(私を置いていかないで)。
こっちが最新曲のようだ。
サビが覚えやすい、頭に残りやすい。
皆さん1曲目とどちらが好きかしらーーーー(投げる)。




クリスマスソングをピアノで弾き語り、という面白いものもある。





これはウクライナのジャズ系フェスで、Jamalaとデュエットで歌ったときの動画。
20分の動画のうち、一番最初の歌でデュエットしていて、
11:15~始まる3番目の歌では、Laudはバックコーラスぽく参加している。

この動画で言いたいのは、
JamalaとLaudは、お声がめっちゃめちゃ合ってて綺麗だよということ。
ベストコンビ。
サックスの音に乗せてゆったりした雰囲気が生まれていて良い。

これはLaudが頑張ってついて行ってる子供感があって、
頑張れ~~~~~!!!!って見守りの気持ちになるんだけど、
綺麗なのは確か、というのと、ちょっと貴重動画だな!と思ったので貼りました。

今回の国内予選で審査員を務めるJamalaは、
もはや生徒でも新人でもない、幾度も共にステージに立ったのLaudの歌を
どう評価するのかしら…という点も気になるところです。



■■今年(2018年)の国内予選■■



肝心の今回ESC2018国内予選へ出場する際の楽曲も、もう公開されているので、
紹介しておきましょう。

電子音がズシズシ言ってる中、彼のほわっとした声が絡んで、全体的に心地いい歌。
ひたすら気持ちいい、乗れる。
勝手に踊りたくなる感じのお歌に仕上がっている。

ごちゃっとしていて、Julinozaと同様、センスパラメーターが最高値。

これがユーロビジョン的にどう評価されるかが楽しみ…!!!!


Laudのステージは、2月10日のセミファイナル1で見られます!!!!
更新が遅くなったのでもう今晩(深夜)ですが!!!
9人中3番目にステージに立つことが決まっています。
楽しみに待ちましょう~~~~~

*******************************

【参考リンク】

ウクライナ国内予選(Національний Відбір)公式サイト(2種類)
http://eurovision.stb.ua/ua/(ウクライナ語・ロシア語)
https://eurovision.ua/2018(ウクライナ語)

Twitter公式アカウント
https://twitter.com/uapbc(英語・ウクライナ語)

国内予選参加者18名の紹介動画
(オープニングで歌っているのは昨年のセミ3に出場したVivianne Mort)


必要に応じてご参照ください。
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土