FC2ブログ

【ГолосДіти4】ファイナル感想【7週目】

最終回です…!!!

Voiceは各国で進行が個性的なのも面白さの一つだけど、
ウクライナVoiceキッズことГолос Дітиでは、(2期より)生放送はファイナル1回のみで、
ファイナルと称して準決勝と決勝を一気に行うのである。
そして3時間超えの長時間編成になる。
リアルタイム(日本時間4時開始)視聴してると朝がバタバタする(笑)。

今回はyoutubeに上がっている動画にもコーチコメントなどが付いてて、
公式の1人ずつに分けられた動画と完全一致だったので、
読み込み動作が安定しているyoutubeのリンクを貼っていきます。
でも例えばとても重要な開票シーンだったり、部分的に欠けている部分はあるので、
完全に全体を見るには、公式のフル動画を見るしかない。

※フル動画



ではいっこずつ見ていきましょう。

★★オープニング★★


まずオープニングから。
Голос Дітиのために書かれたオリジナル曲をファイナリスト6人で合唱するのが
3期に続いての定番となってきたらしい。
全然タイプの違う子同士での共同作業が実に良い。
ちょっとJESCのオープングぽくもありましたかね。

これをリアタイで見るときはいつも、
「いよいよ始まる」っていうワクワク感と、
「最初で最後の生放送、どうなるんだろう」
「みんな緊張したりしないだろうか、大丈夫だろうか」
っていう推しの心配で頭がいっぱいで、
何周かするまで楽しんで見れないやつだ。

Талановита Країна、才能ある国。
いやはやまさしくそのとおりで、今年もハイレベルな番組を提供していただいたものです。

カーチャパート少なくね?ニノパート多くね?
と思ってしまったがどうなんだ。。


★★★★★★Время и Стеклоチーム★★★★★★

★★【01】ヤナ・ホールナ(Яна Горна)★★


この動画には入ってないけど、
「最初はВремя и Стеклоのチームから!!」という司会の発言とともに、
当該チームの投票開始が宣告される。

さあいよいよはじまり~~~

Bオデでモナーチクをぼろっぼろに泣かせた、ヤナちゃんがトップバッター。

La la laってVoiceでたまーーに聴くやつけど、
ファイナルでやるにはちょっと地味なんじゃなかろうか???????
選曲これでよかったのかな。
これはこれで歌えてるんだけど、もっとヤナらしさを引き出すやつなかったんかな。
でもいつもとちょっと違う系統というのも悪くないしなあ。

Bオデとノックアウトが静かにアツイ歌で、
バトルとこの準決勝が元気なダンスポップ。
私は前者ヤナが好きだけど、色々できるよ!っていうのは、悪くないね。

ちょっと声出てない気がした。
生放送だとやっぱ余計に緊張とかすんのかな。
これでいいのかな?っていう部分と、めっちゃかっこよく歌えてる部分が混じってた。
いやこれは彼女比の話であって、絶対評価で見たら良いんだけどな!

お歌の後のコメントフェイズでナージャたんが
ダンスも出来るしテクニカルに歌える子!と説明していて、
それまで踊りを意識してなかったんだけど、
確かに踊って歌えるというのはなかなかいいなあと思ったりした。

★★【02】オレクサンドル・ミニョーノク(Олександр Миньонок)★★


視聴者票をかっさらいそうなサーシャ君。
2016年のジュニアユーロビジョンでのベラルーシ代表を務めたということで、
すでに有名人なのだと思われる。

序盤、やっぱ安定してんな~いいな~~~って思ったけど、
低音部分の声がふらふらしてて気になる。
まあそれでも整っているのだと思われる。


★★コーチとのトリオ★★


コーチたちの今年リリースした新しい歌で登場。

なにこれ演出おもしろwwwwwwwwwwwwwwwwwww
2:2の掛け合いにしたのいいねいいねーーーーー

真ん中ぐらいまで、ナージャたんばかりえらい出張るのが気になったけど、
全体通すとそんなでもなかった。
ヤナちゃんの強い声がやっぱり好きだ。

楽しく見れました!!!!!!!


★★余興★★


ウクVoiceでカバーされることの多いЧовенを歌ってくれた、Один в Каное。
けっこう有名な歌みたいだけど、私は原曲をフルで聴くのはこれが初めてだ。
19世紀ウクライナの有名な作家イヴァン・フランコ(Іван Франко)の詩に、
このグループがメロディを付けた作品だそう。

この余興のあと、ВСチームの視聴者投票が締め切られました。
ひとチームずつ締め切って、全員歌ったあとに開票します。


★★★★★★ナターシャチーム★★★★★★

★★【03】カーチャ・マヌージナ(Катерина Манузіна)★★


2期からのリベンジャーのカーチャちゃんから。
推しなのでわくわくします…!!!!
いや、推しと言っても、このチームの2人、カーチャとリーザについては
どっちも同じぐらい好きで、どっちに勝ってほしいかとかいうのが特に考えられない。
どっちにも期待してる…!

さてさて、
「2期ではバトルステージでは勝ったんだけど、生放送には行けなかった」
「私はあの頃から変わった!今年はファイナル進みたい!」
とBオデで宣言したとおり、まさに今日のこのために挑戦しにきたのがカーチャちゃん。

この目標が叶ったことに、まずはおめでとうと言いたいです。

そしてやはりレベルが違う気がする。
生放送になったゆえの緊張等によるレベルダウンみたいなものがまったく感じられない。
宣言どおり、それはもう準備万端にしてきたって感じがするよ…!!!!!

フランス語のなんかちょっとダークな雰囲気のお歌。
選曲がめっちゃ意外だけど、彼女にはなんとも絶妙にハマっている。

Est-ce mon tour~~~~~のトゥーーー↑↑ってなるとこの声が好きです。
(なんだその説明)

これは勝ってほしいなあ~~~~~~~
中毒性がある。


★★【04】リーザ・ヤコヴェンコ(Ліза Яковенко)★★


唯一無二の奇才、アルト女子のリーザちゃん。
歌うのはちなたんの10年ほど前の名曲、Ноченька(夜)
まじかーそれかーーーーーー
ここまでの4人で一番の「本気の選曲」ってやつじゃないだろうか。
知ってる歌が来ると個人的にめちゃくちゃ嬉しい。

暗い雰囲気かつあまりキーの高くない落ち着いた歌なので、
リーザをいっそう輝かせる選曲になれそうだろうか。


そして実際めっちゃかっこよかった!!!!
声を伸ばさないといけない部分がちょっと気になり~~~だったけど
めっちゃかっこよかったし、
ロックぽいアレンジと彼女の声の重なりが実に気持ちよく聴けた。

リーザの歌い方って、
遠慮気味ながらも幸せそうに笑いながら歌うのが魅力的で、
まるで暗くて鬱屈した場所でやっと光を見つけたようなストーリー性がいつも備わっているというか、
たぶんこの子自身はあんまり自己表現が得意でも、気が強くも、外交的な性格でもないんだろうけど、
歌うこと、表現することが本当に好きで、
ステージに立っている今がすごく幸せで、生きてる!!!
って気持ちを感じる気がして、
聴いてて泣きそうになってしまう。
彼女のステージは見ていてとても癖になるし、支えたくなる。

東欧ポップバラードの典型のようなНоченькаを、
優しいふわふわしたサウンドから一転させて、
大人っぽいロックアレンジにして、
実にリーザらしいНоченькаにして歌っていたと思う。

落ち着いた低音の暗めの歌がめっちゃハマるんだなこの子。

向き不向き/得意不得意の波が激しすぎるのは気になってしまうところだがな。

向き不向きの差が激しいって要はそんなにうまくないんじゃんね、って話で、
確かにリーザは決して基礎的なところが上手ではないんだけど、
На небіで見せてくれた才能は忘れがたいし、
やっぱりこの子はとても美しい、という結論に落ち着いた。

自分の気持ちがさっきまでカーチャ優勝!って思ってたけど、
リーザ優勝!ってなるから笑える。


★★コーチとのトリオ★★


カーチャちゃん
「ナターシャはТанці з Зіркамиで優勝したんだ!
 そして勝つためには何をすればいいかを掴んだんだ。
 だからナターシャはわたしたちのチーム勝利に導いてくれるんだよ!」

泣ける。

ナターシャの昔の歌、Місяць(月)を3人で歌います。
原曲はやわらかくてまさに清楚でキラキラきれい~~~~って雰囲気なんだけど、
ここではちょっと民謡風とも感じさせるような激しくて暗いアレンジ
フォークロックとかインディーロックとか言うんだろうか。
ステージの演出も紫と黒でかっこいい。
このメンツだから出来るやつだ。

カーチャもリーザも「陰」の雰囲気を演出するのが上手いから、
これはすごくいいと思った。

そんでイントロがすっげーーーかっこよくて、
リーザの歌い出しがこれまた実にかっこいい……
Зорi за ним спiвають...のспi~ва~~ютьのところの声の伸びがめっちゃ好き。

ただ3人で一緒に歌う部分はこれでいいんか?????(4:30~とか)
3人の歌ってる高さの相性いまいちじゃないか?????ごちゃごちゃしてない????
掛け合い的なパートやソロパートはきれいだけどさ……

と、初見ではそんなことが(悪い意味で)気になってたんだけど、
何回か聴いてると全然そうでもないな。
なんなんだ…
生放送をテレビ局HPでリアルタイムで見てたから音響が変だったのか……???
あるいは私の気分の問題か。

ナターシャがリードボーカルしてる部分など、
リーザの温かみのある低音と、
カーチャの幻想的な声質、独特の音程の相性が混じりあって
率直に言ってとても美しかったと思います。
好きな子×好きな歌は何回でも聴きたくなるね!!!!!!!


★★余興★★


続いての余興はDSIDE BAND。

私はここで初めて名前を知りましたが、
Голос Діти3期のファイナリスト、ウラド・フェニチコ君(Влад Фенічко)や、
2015年に1度だけ放送されたМаленькі Гіганти(小さな巨人)(*)に出場したダンサーの
セルヒー・ミセウラ君(Сергій Місевра)などで結成された5人グループ。

*Маленькі Гігантиは、まぁ名前のとおり子供向けオーディション番組なんだけど、
 歌手部門、ダンサー部門、マルチタレント部門とあって、
 (ここはXファクターに近いんかな??)
 それぞれの部門の3人ずつで1人のメンターについて、
 計6組でチーム対抗戦みたいな仕組みのコンテストを行う番組だった。

しかしこのステージ、
黄色い声うっせえwwwwwwwwwwwwww

いや去年のファイナリストだから、コーチたちにとっては嬉しいのだろうし、
私も1+1チャンネルが育てたグループということでなんとなく微笑ましいのだけど!

お歌の後、
ウラド君が喋りすぎてカーチャたん(司会)に止められたのは笑いましたwwww

こういう系統のアーティスト・楽曲はそんなに好みじゃないゆえ
完全に箸休めか若干否定的ぐらい気持ちで聴いてたんだけど、
これはこれでリピートしてると、なかなか悪くないなあ~って思うようになった。
ボロクソ言ってごめんなイケメン君たち。


★★★★★★モナーチクチーム★★★★★★

★★【05】ニノ・バスィラヤ(Ніно Басилая)★★


モナーチクチームはニノちゃんから!!!
ちょっと選曲が意外な気がする。

こういうロック色の強い荒々しいのが来るとは想像していなかった。

これはこれで上手いなーーって思うんだけど、
Bオデやノックアウトでの、伸びのいい迫力ある声で歌うやつが聴きたかった気がする。


★★【06】ダネリヤ・トゥレーショワ(Данелія Тулєшова)★★


再生数ぶっちぎりの期待の星、カザフスタンのダネリヤちゃんが準決勝のラストです。
私自身このチームではダネリヤが推しだ。
通ってほしい…!!!!!!

前の記事で色々と書いたとおり、ダーニャにはすでに固定ファンがぞろぞろいるらしい状況はよく把握したのだが、
さて、ダーニャを推してる勢はウクライナの電話番号にSMS投票できるのか??????(不安)

お歌のほうはもう期待通りでダネリヤやべえやべえ……でした。
まずステージセットが神殿のようで気合入りすぎだ。
そして知らない歌だけど、開始10秒で、彼女にぴったりの選曲、なるべくしてなった選曲だとわかる。
モナーチクいい仕事するわぁ~~~~~~
最高だよダーニャ…!!!!!!

ちょっとバックサウンドがキンキンしてうるさかった気がしたけど。
でもこれも2~3回聴いたらマイナス要素にはならなくなってきた。


★★コーチとのトリオ★★


モナーチクチームのトリオはコーチのお歌で登場。
これまたかっけーな。
後ろのスクリーンに顔映すの最近流行ってんのかな?????
これもロックだし、
ゴリゴリの激しいロックを連続で聴かされてテンションあがります…!!!!!
とても良い…!!!!!!

私はそんなにモナーチクが好きではなかったので、トリオにはあんまり期待してなかったんだけど、
正直今回のトリオでたぶん一番「完成されている」し、
ステージ演出めっっちゃ派手!!!!!!だし、

モナーチクが会場全体を煽ってみんなで盛り上がるスタイルだし、

ここから2人が順番にリードボーカル歌いますよーーってタイミングで、
モナーチクが「Давай, Ніно!」「Давай, Даня!」
と声かけをするのも、一体感が伝わってくるようで、
(ここめっちゃすきなところでした!!!!!!)

なんかもうこれはオーディションっていうか、
「「「モナーチクのソロコンサートに2人を呼んで一緒に歌ってる」」」
としか思えないステージだった。


★★余興★★


続いての余興、全観客が、全ウクライナ国民が待ってた!!!!
チーナ・カーロリ(Тіна Карол)の登場!!!!

解説動画、
2017年、「今年の歌手(Співачка Року)」に選ばれたことから、
Голос Діти2期で初めて自チームを優勝させたときの記念すべき瞬間の動画まで……
その他諸々と。
なお、ちなたんはこの後、5期→キッズ3期→7期と優勝を重ねててまじですごい。

我らのショーのミューズ!!!!!!!
チーナ・カーロリ!!!!!
(原文ママ)

ちなたんがクリスマスの歌を歌ってくれるのだそうです。
こういう季節モノが見れるのって実に良い~~~~~~~~~

なんといっても!
ちなたんは一昨年、2016年のクリスマスシーズンの番組で、
「Різдвяна історія з Тіною Кароль(チーナ・カーロリとクリスマスの歴史)」という
オリジナルに撮ったビデオで伝統的なクリスマスソングを現代的なアレンジで歌う番組をやったことがあり。

私は放送当時からこの番組が大変お気に入りだったので(毎年やればいいのに)、
予告のときから期待していた。

ちなたんなんか背中についてる音響装備が気になるらしい。
大丈夫???????
(お歌に集中できないwwwwwwww)

ちなたんのステージのあと、
モナーチクチームの2人のために準決勝最後のカウントダウンが。
この時点で6時23分(現地時間11:23)。
テレビ局の番組表では、21:00~0:15とのことだったが、終わるの??????


★★★★★★準決勝結果発表★★★★★★

Youtubeに結果発表部分は上げられておらず、
公式に行っても、その部分だけの動画というのが一切ないので、
全体動画を貼っておきます。
これの1:58:15あたりから。



6人が順に紹介され、コーチたちもステージでともに並び、
いよいよ決勝へ進む挑戦者が発表されます…!!!!


まずは、ВСチームから。


サーシャ君がファイナリスト!!!!
まあだいたい分かっとったわ…………
ヤナちゃん………
結果を受け入れて穏やかにナージャたんと微笑みあうところが泣けるぞ……
かわいい。



次はナターシャチーム。


リーザがファイナリスト!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
まじかあああああああああああああああああ
ここのチームは読めなかったから……ほんとおめでとう

事前投票の入り具合がほぼ同数だったからな。
個性的なリーザか、リベンジャーにして万人受けしそうなカーチャか、と考えても
ほんとよめませんでした。
どっちも選べない好き具合だったから、読もうとしてなかったっていうか。

リーザが自分の名前聞いた瞬間、心配になるぐらい驚いてたのと、
カーチャがすかさずおめでとうの拍手をした瞬間がな……
もうほんとに…だめですこの番組…泣く………

だって、リベンジに来て、ここまで来たらそりゃ決勝に行きたかっただろう、
優勝を狙いたかっただろうカーチャが、
間髪入れず、心から、ライバルを祝福するんだ……

そしてリーザは自分のことを、どういう風に思って、自己評価しているんだろうか。



最後にモナーチクチームの発表。


ダネリヤがファイナリスト!!!!!!
よかった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
十中八九ダーニャだとは思ってたけど、万が一も想定していたので、よかった。


まぁただこれリーザは優勝できないんだよな、って。
なにせ公式サイトでの事前投票がサーシャ君3万ダネリヤ3万リーザ3千やもんな……
(公式でこんなことやるなよ(やってもいいけど結果はファイナル後開示とかにしろよ)ってTwitterでは書きましたけど……だって結果読めてしまうやん)

まーそんならダーニャ勝ってほしいですね!!


★★【02】オレクサンドル・ミニョーノク(Олександр Миньонок)★★


決勝を見ていきます。

今回、ファイナルでこんなに英語の曲率が高いのも珍しい。

その傾向を断ち切らず、
サーシャ君はとにかく「自分「らしい」」曲と演出で来たなあ~~~~~~~~~
こういうキラッキラしたスターになることが目標なのだろう。

何度も繰り返しになるけど、
私はこういうジャンルのアーティストにはさっぱり関心が湧かないんだけど、
頑張って楽しんで好きなことに打ち込んでる彼は見ていて気持ちがいい。


★★【04】リーザ・ヤコヴェンコ(Ліза Яковенко)★★


こないだのヤナちゃんの曲やんけwwwwwwwwwww
想定外の曲かぶりに動揺した。
こういうのあるとすぐYoutubeとかでは、○○のほうがよかったって比較されるんだよね~~~~~~
大丈夫なのか~~~~~~~~~

でもヤナもリーザもそれぞれ違った方向性の個性を持った美しい歌手。
それぞれの色をしたSet Fire to the Rainを楽しみたいね…!!!!!!!

ふわっとした穏やかな広がりというか、すべてを包み込むような解放感が美しい歌だった。

リーザのステージって、どうしても素人くささと乗り切れてなさがあって、
歌唱力が神レベルってわけでもなく、感情をこめるにも躊躇いが見える気がして、
「微妙」さが拭えなくて、
全然いつものファイナルじゃないんだけど、
どうしても魅力的に見えて仕方がないのだ。

私はとにかくリーザの将来を見守りたい。リーザ好き。


★★【06】ダネリヤ・トゥレーショワ(Данелія Тулєшова)★★


再生数王者のカザフ人少女は最後にやってきた!!!!!

テロップ見た瞬間の驚き……
ダーニャの選曲神かよおおおおおおおう!!!!!!!!!!!!!
白い服はそういうわけか!!!!!!!!
はい優勝決定!!!!!!!!!!!!!!!(聴く前から)

月曜の出勤準備しながら見てて、
このあたりすでに動画部分はそこそこにステージだけ集中するようにしてたから、
ふいうちを食らったというか、曲名見た瞬間凍った………

原曲の”Не твоя війна”(Океан Ельзи)が、これなんですが、
ファイナルの最後の最後にオケアンのカバーやって盛り上がらないわけないぞ。

だって皆が絶対聴きたかった、皆が大好きなアーティストの、皆に愛される歌とともに、
歌唱力神が最後の最後に登場したんだもの。
ここまででダネリヤの力はよく分かってる。
だから、
「「「ダネリヤのНе твоя війна」」」が、もう明らかに「良い」ことは確かで、
果たしてどんな作品になるのか、気になるじゃんね。

そして実際ダーニャのステージ聴いて泣いた。
1番のサビのスタート部分から本当に泣いてしまった……
聴いてて力入りすぎた……
これはあかん。
もうダーニャ優勝で決まりしかないって思った。

ダーニャまず歌唱力が異次元だし、
選曲が神だし、
ってかカザフスタンの子が
ウクライナのナショナリストの2015年にリリースした反戦歌を歌うってのが
なんともすごい組み合わせだし、
白い服は完全に原曲MVのオマージュだし、
最後は曲に乗せてウクライナの平和を願って演説までした。

もう何が起こってるのかわからん。。。
言語化不可能な感動の嵐。
ダーニャ優勝せんとおかしいよこれは!!!!!!!
ダーニャ、ウクライナのVoiceに出てくれてありがとう!!!!!!!!

ここまでのまとめ、
私はたしかにリーザ推しやけど、こればかりはもうダネリヤ優勝してくれ!!!!!
相応しいのはダーニャしかいねえ!!!!!!
です。

3人とも良いステージだったし、
リーザもダーニャもロック系の選曲だったけど、
ダーニャは最初の10秒でもう完全にリーザ食っちまったもんな……


★★余興★★


決勝の投票締め切り後、最後の余興でモナーチクさん。
曲のタイトルが”Батькам”(両親へ)ということで、
冒頭では各ウクライナのアーティストたちが、自身の両親についての愛や感謝を述べる動画が紹介される。
どれもこれもインスタの動画だけど、今回のこのステージのために、
#ГОЛОСКРАЇНИБАТЬКАМというタグをつけてうpされたものみたいですね。

今まさにコーチ中のВремя и Стеклоもいるし、
Танці з Зіркамиでおなじみのウラド・ヤーマさん、オレーナさんにアフテムさん等々、
Голос Країни7期の注目すべきスターたち、
せるげニキ夫妻、ロマヴィラ夫妻(2人一緒なところが良い!)、マルタちゃんもいるし、
ズラータもいるし、ユーリさん(司会)もいるし、
豪華映像~~~~~~
1+1チャンネルありがとう。

ナージャたんはСкучаю(Miss you的な意味)って言ってたけど、もしかしたら(彼女の出身地である)シンフェロポリにいるご両親に永らく対面できていないということなのだろうか。
政治的なごたごたに想像が発展して悲しくなったりもした。

ウクライナでは祖国愛、家族愛、血縁……をえらく大事にする性質が根付いているようで、
お母さんお父さんへの愛や感謝や別れを惜しむ気持ちを述べる歌なんかも多いのだが、
(特にお母さん関係が圧倒的に多い)
その文化の一貫で、お父さんお母さんありがとう的なのが流行るのかもしれない。
まぁ日本でもそういう文化なくもないか(ヤンキーのラップとか)。

ところでステージで両サイドにいるのダネリヤとオレスト君やん……
どういう組み合わせだ……

ダネリヤ→モナーチク→ヤナ→リーザ→ダネリヤ→ニノ→サーシャ…と順番に歌って、
ステージに上がったら大勢いて、
モナーチク、今期に出た子たちみんなと一緒やん
っていうwwwww

リードボーカルはファイナリストたちに任せながら、
完全に全員ではないけど、
自チーム、他チームごちゃまぜでぞろぞろと引き連れてのステージでした。
我が最推しのジャスっ子マーシャも、前列の一番左端に居たので大満足。
インスタ見て、マーシャも来てたらしいって知ってから探すつもりで繰り返し見て、
端の方はあまり映らないので何回目かでやっと分かった。
(ちびっこの方のマーシャは比較的中央でオレスト君と並んでたからすぐ分かった。)

こういうのやってくれるの好きです。
最後の最後に実にふさわしかったと思う。

これニノちゃんなんかはずっと同じ白スーツだけど、
ファイナリスト勢は生放送の中でお色直し何度も忙しかっただろうな。


★★★★★★結果発表★★★★★★

これも開票部分だけの動画というのが一切ないので、
全体動画を貼っておきます。
これの2:38:00あたりから見てください。



モナーチクがコーチ席に戻り、
ユーリさん(司会)の「本当の緊張の一瞬です!!!!」という声とともに、
いよいよ最後の結果発表。

3人とコーチがステージに上がって、
それぞれ思い思いに目配せしあい、支え合う。
この瞬間のコーチも挑戦者もそれぞれの動作を見るのが、いつも好きで、楽しみです。

ユーリさんが名前を読み上げるのを待つ、運命の一瞬………


結果は………



ダーニャ優勝!!!!!!!!!!!!!!!!!

ダーニャ呼ばれろ!!!!!!頼む!!!!!!!!と念じて、
集中してダーニャのほうだけを見ながら音声に耳を傾けていたのだけど、
ダーニャが呼ばれて嬉しい気持ちと良かった~って気持ち。


★★いわゆるwinning performanceというやつ★★


決勝のときの曲ではなく、準決勝のときのSpectrumをもう一度。
私は決勝のが好きだったけど、
まあこれはこれでWinning Performanceとしてはいいような気がする…!!!!

ダネリヤ、こんなに上手いのに毎回勝ち抜けるたびに泣いてるし、
「自分が勝って当たり前」って微塵足りとも思ってなさそうなところがすごい。
ダネリヤおめでとう~~~~~~~~

最後にあれを見せられてこの結果では文句が一つも出てこないです。
4期最高~~~~~~~~!!!!!!!!!!

4期ありがとう!!!!!!!!!!
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土