FC2ブログ

【感想】Танці з зірками2017 第10週目(2/4)

最終回の感想が長すぎになってしまったので、4つに分けて書いていきます。


最終回、それぞれのペアの2周目から見ていきます。

①Ахтем Сеітаблаєв та Олена Шоптенко – Ф’южн - Танці з зірками


控え室の光景から始まったかと思ったら、
ユーリさん(司会)「БумбоксのЛюдиをやるよ!」と紹介し、自身で歌い始める始末。
宴会場のようで、この雰囲気がとても好きだ。

控え室ほんま宴会場……(好き)

おっ、
これはたしか2~3週目ぐらいにやったやつだっただろうか。

2周目も過去の演目をもう一回行うんですねえ~~~~~~~~~~~~

ステージ前に流れる、ファンの人々からの応援メッセージが心に響きます。
ESCの国内予選(ファイナル)でも、こういう構成ありましたね。

えっ、このペア、こんなに上手かったっけか?????????
いや上手かったのは間違いなく上手かったけど、
1回目に見たЛюдиはこんなに胸を打たれただろうか……。

やっぱり暗くてバッドエンド感あるストーリーが個人的にすごく好きだ。

一瞬も躊躇うことなく、3人ともが満点を出しました。

②Надя Дорофєєва і Женя Кот – Румба - Танці з зірками


ユーリさん(司会)の紹介「番組中でもっともセクシーなパフォーマンスのナージャ!」
”””セクシー”””がめちゃめちゃ強調されますね。

ファンの人々からの応援メッセージや、審査員3人からの評価コメントとともに、
これまでのステージの動画をおさらいすることができます。

うんうん、
一番テクニカルなダンスをしているのは?一番コンテストらしいのは?と言われれば、
間違いなくナージャたん・ジェーニャたんのペアだと思う。
ここだけ次元が違うと思ったことが何度あったか。
インスタとかを見ていても人気で、会場のコールが大きいのも加えて、
優勝候補なんだろうなってわりと初期のうちから思ってた。

ただ、ここまで来ると、どのペアの優勝もありそうです。
路線が違って比較できないし、どういうのがウケてるのか分かんないんだよね…。

しかしまあ、
初回と今回を完璧に比べられるほど覚えてないまま見てるんだけど

なんとなく、
こんな振付激しかったっけな???と思う部分もあって(当たってるかはともかく)。
決定的に違う気がするのはやっぱり表情なのかなあ。

それぞれのお顔とアイコンタクトに、
10回分の信頼関係と意気込みと幸せ感が出てて良いなあって思います。

これはどのペアにも言えることかもしれないけど。

ステージ後、マルタ様(Марта Адамчук)が少しだけ映った。
いつもの場所、ステージ左奥にいるよ!!!!!!
FullSizeRender (58)

しっかりアップ!(証明が暗いので、自分のiPhoneで加工したものです)
FullSizeRender (59)
FullSizeRender (60)
FullSizeRender (62)

最終回だから「メインの踊りを見てくれ!!!!!!」という意図なのか、
歌手が映るのが貴重な今週分。


余興:Kamaliya - I'm Alive - Танці з зірками


えっ、
このタイミングで余興やんの?????????????
ナターシャは????????

全然これはこれでいいんだけど、
ネタバレ見ないように、生放送に近い楽しみ方ができるように、お行儀よく見てるから、
「生殺し!!!!!!!」と思ってしまった。

ともあれ、本日2度目の余興のためにステージに帰ってきてくれたのは、
5週目敗退のカマリア(Камалія)さんでした。

お歌はポップオペラ的なかっこよさがあった。

これもご自身の楽曲のようですね!


③Наталія Могилевська та Ігор Кузьменко – Контемпорарі - Танці з зірками


本命ナターシャ。

応援メッセージの紹介コーナーでは、子供さんたちのグループが声援をくれました。
子供さんたちの支持の声をピックアップしてくれるというのは、
ナターシャがウクライナ各地で子供向けのタレントスクールを開いていることや、
2シーズンに渡ってГолос Діти(ウクライナ版Voice Kids)のコーチを務めるからこそなんだろうな、
と勝手に解釈する。

VTRの中に、見覚えのない映像が混ざるなあと思ったら、
何気に、過去のシリーズに出場した時のナターシャの映像が出てきてた…!!!!

Wikipedia先生によると、
Танці з зіркамиは、案外歴史ある番組で、これまで2006年に1回、2007年に2回、
そして別のチャンネルで2011年に1回と放送されてきており、
ナターシャはそのうち、1シーズンと3シーズンに出場していたという。

ということで、この2017版は実質5シーズンにあたるんだけど、
別のチャンネル(STV)で放送された分は別枠の扱いになっているらしく、
番組内では今回のものが4シーズン目と言われています。
(なぜ別のチャンネルで放送されたかはよく分かりませんでした…。)

今回のこれを見始めるにあたって、過去の放送歴があることや、ナターシャが出ていたシーズンが他にもあるぞというのは調査済みだったんですが、
いつ頃の放送分だったかとかまでは詳しく見ていなくて。
かなり間が空いていたんだなぁ、と。

今回の番組タイトルが、
«Танці з зірками: повернення легенди» (スターたちとダンス:伝説の帰還
となっているのはそういうことなのかしら。

昔の動画もちゃんと探し出して見てみたいなと思います。

そして、これまでのナターシャのステージ後のコメントでは、
「10年」という言葉が頻繁に聞こえてくるなぁと思っていたのですが、
前回の出場時の話だったか!とここにきて合点がいきました。

言語が不自由なまま視聴していると、こういうところはやっぱり困る…!!!!

ステージが始まるまでにどれだけの文字数を費やしたんだ私は。


さてナターシャはどれをやるのかなっ????????

先々週のシャンデリアかよ……!!!!!!!!!!

この流れでやるなら、吸い込まれるような大変な迫力のあるステージということで
Спи собі самаかシャンデリアのどちらかだろうなとは思っていたので、
驚きはしないけど、
ここまででダントツ最近のが来たから、まぁ記憶に新しいこと。

裸足で真っ白の衣装というのが、病的な感じが増して実にいいね。
2人とも肌の色が少し褐色系なので、白い衣装がとても映えて、実によく似合うね。

サムネにもなっている部分だけど、
サビのところで、「ワァーーーーーーー!!!!」って叫んで走り出すナターシャと、
後ろから口をふさいで捕まえるイーホルのシーンはめちゃめちゃ好きです。

初見の時、サビの歌詞(i'm~だから「ア」の口になる)に合わせてまさか叫びだすって思わなかったから、意外でドキッとしてしまったんだ。
血気迫る迫力があったな……。

今度は最後の膝から崩れ落ちるタイミングが2人一緒だったなあ。

なんかもうこの組は演技に全力すぎて、
あるいは演技が抜けきってなくて、
ステージ後のコメントにリアクションできてないんだけどwwwwwwww
肩を抱き合って放心してる……
こういう人柄が見れるのも生放送のいいとこだね。


さてさて、2周目までが終わりまして。

ナターシャ組は言わずもがな私の大好きな最推しだし、
ナージャたん組は技術的に頭一つ抜きんでてるし、
かといって女性のほうがプロのアフテムさん組は実に絶妙に画面映えする。

結果はどうなるのかなあ。


余興:Сергій Бабкін - Де би я - Танці з зірками


せるげニキの余興

オーリャたんもカマリアも歌って踊ってたけど、
せるげニキは自身のいつものスタイルでソロで弾き語りなんすね…!!!!!!
ラストにスニジャナたんが出てきて嬉しくなった。

夫婦~~~~~~~!!!!!!!!
すきだーーーーーーーーーーーーーーー
結婚してくれーーーーーーーーーーーーーーーーー
もうしてたーーーーーーーーーーーーーーー
っていう脳内一人コントがPC前で行われた(酷い)。

ユーリさん(司会)「誰が勝つと思う?」
せるげニキ「うーん、愛は勝つ、だね」
ユーリさん「……」

みたいなやりとりをしていて笑った。
すきwwwwwwwwww

この番組見たおかげで、もうすっかりせるげ夫妻のファンになりまして。
夫婦が並んで立っているだけでかわいい。

夫婦でお手手繋いでステージ脇に去って行く。

続きます!
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://nadezhda380.blog.fc2.com/tb.php/13-7e46b3a3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土