FC2ブログ

【感想】Танці з зірками2017 第10週目(1/4)

気軽に見始めたらなんやかや夢中になって見てしまったТанці з зірками、
ついに最終回です。

Voiceとの繋ぎで気楽に見るか~~~~程度のつもりだったのにすっかり沼に落ちました。

さて、見ていきましょう…!!!!!!


※フル動画


オープニング:Номер відкриття: Фінал - Танці з зірками


まずはオープニングから見ていきます。

ステージ裏っぽい場所、1+1チャンネル社の事務室らしき場所や別番組の収録スタジオ、
続いていつもの控え室で、
色んな人たちが踊る場面からスタートです。
FullSizeRender (44)
FullSizeRender (45)

この人たちはТанці~にかかわったスタッフなのだろうな。

などと思いながら見て、

画面がメインステージに切り替わり………

歌手たちが映った!!!!!!!!!!!!!!
歌手たちステージの真ん中で歌ってる!!!!!!!!!!!!
FullSizeRender (46)


しかも結構長く映っている!!!!!!
FullSizeRender (47)
FullSizeRender (48)

ああ~~~~~~~~~~~~~
超いっぱい映った…!!!!!!!!!!!!!!!!!

こちらはもうこの時点で軽く泣いてしまいそうであるよ。

超嬉しい。
たまらんよ……
ありがとう1+1……

4人並んで歌っているときの身振り手振り見てると、
イングレットの動きがものすごい派手で弾け飛んでる感じで、奇才感溢れてて、
ヴィーラもけっこうノリノリで、
マルタはクールでスマートなかんじでバランスがとれていて、
ウラド君が控えめで真面目そう…というのがまた、
性格出てて面白いなかわいいな~~~~~~って思えたりする。

そして、ここまでで敗退したペアたちが出てきて、

オレクサンドルさん組がセンター、
FullSizeRender (49)

せるげニキ夫妻もいるよ!
番組内でサムネとして使われてる画像と同じ衣装のようですね。
FullSizeRender (50)

俯瞰カメラだとこんなかんじで。
ユーリさん・イローナさん組が一番目立つとこにいますね。
FullSizeRender (51)

最後に今日の主役たちの登場。
FullSizeRender (52)
FullSizeRender (53)
FullSizeRender (54)
FullSizeRender (55)
FullSizeRender (56)

たった3分弱、ここまで見ただけで、もう軽くお腹いっぱいになりますね。
歌手も含めた全員が一つのステージに並んだのが嬉しくてスクショ撮りすぎた。

そもそも私の視聴の動機の半分は、ウクVoice出身の歌手を見ることだったのだ。
(そしてもう半分がナターシャが出るから見よう!ということだった。)

歌手がステージに来てくれて、ちゃんと注目を集められるようにしてくれたの、本当に嬉しい。

結果も気になるので、休まず本編を見ていきましょう…!!!!!!!!

①Ахтем Сеітаблаєв та Олена Шоптенко - Пасодобль - Танці з зірками


ファイナル1周目はアフテムさんから。

いつもの控え室にて、
アフテムさん組と、この後に踊るナターシャとナージャたんも、敗退したペアたちも全員いて、
周り全員でがんばれ~~~って大騒ぎで送り出す光景が大好きすぎる。

そして出演者たちはこういうタイミングで自分のインスタ垢でライブ配信をしているのだ。
(放送時間中はインスタの「○○がライブ配信を開始しました」の通知が山ほど来る)

なんだか見覚えがある黒と赤の衣装だなと思ったら、
第1回の放送と同じ演目ですねこれ。

安定のかっこよさだ。

1回目と今回を比べて、成長や演出・表現の違いを吟味できると絶対楽しいのだろうけど、
1回目のステージがそんなにしっかりと頭に入っているわけでもないので、
最初の視聴では、ともかく今回のステージを見ることに集中していきます。

審査員からの採点。
なんだか今回も10点の大安売りで、
10点!!!!といわれた瞬間は盛り上がるんだけど、
なんか萎える。

もう精鋭中の精鋭しか残ってないから、どれもこれもほんとに10点のレベルなんだろうけど、
インフレすると採点の意味果たしてないしなぁ、と。

いや、あるいは、審査員はあえてどんぐりの背比べ状態の採点をして、
最終回だし視聴者票を最大限尊重しよう!ってことなのかなあ。
これはこれで番組の意図としてはありそう。


②Надя Дорофєєва і Женя Кот – Хіп-хоп - Танці з зірками


ナージャたんも、第1回目の演目である明るいヒップホップから。

1回目のときは、明るくセクシーに、軽やかに楽しそうに踊っていた印象があったけど、

今回は、表情に遊び心があって、「最終回で最初の演目をもう一度」という集大成を楽しんでいるような雰囲気があったり、
キメッキメのモデル歩きのステップに圧倒的な気合が感じられたり。

なんとな~く違いがありますね。

そしてさっそく満点が出ました!!!!!
出ると思ったけど…!!


③Наталія Могилевська та Ігор Кузьменко – Аргентинське танго - Танці з зірками


ナターシャも、第1回目の演目だったアルゼンチン・タンゴで登場します。

動作に緩急がしっかりあって、やっぱりかっこいい。

序盤のステージ前方から歩み寄ってくるイーホルを迎え入れるときのナターシャは、
この10週間分の歴史と感慨からくるのだろう笑みを湛えていて、
まだ踊ってもないのにこっちは泣きそうだよ………!!!!!!!!!!!

ただ、1回目の放送でこれを見たから「すごい!かっこいい!女優だ!」ってめちゃめちゃ感動したしテンションあがったけど、

それ以降、もっと激しく難しそうなダンスだったり、斬新な発想のステージだったり、
とんでもないものをたくさん見てきて、
ナターシャ・イーホルペアの色々な顔を見て、
毎週変わったことをやる可能性に驚かされ続けてきたから、

正直、初見のときほどの盛り上がる気持ちにはなれないね。

ここまで色々見て目が慣れたことと期待しすぎなことから、
これでいいの?これはミスなのか?自然なのか?みたいな点が気になって、
こう、無心になって楽しめないんだよね。
真剣にリアタイ視聴するときの困ったところだ。。

ステージ後のコメントタイムと審査員票の開示中、
2人とも超静かになってる。
満点入って「ワーー!!ギャーーー!!スパシーバーーーーー!!!!」とかじゃなくて、
ステージで本気出した後の何が起こっても頭に入ってない放心状態というか、
すべてを受け入れる体制という感じがする。

10回分全部生放送+視聴者投票とかいうくっそガチなコンテストで駒を進めてきて、
そりゃあ色々思うところあるだろうさ。


余興:Оля Полякова - Бывший - Танці з зірками


私はこれのことをいつも「余興」というのだけど、果たしてこの表現が適切なのかどうか。
ESCで言えばインターバルアクトというやつなのだが、
この番組内では何とも言われてないしなあ。

4週目で敗退したオーリャたん(Оля Полякова)の余興です。

幕間の余興に敗退した子が帰ってきてくれる構成、最高!!!!!!
ここまでのステージの動画や、控え室で騒いでいるときの動画を流してくれるのも、
実に、実に良い。
気分が上がりますね。

Чорний Лебідь(黒鳥)を模した踊りらしいと紹介される。
クラシック調で踊るのかぁと思ってたら、途中からオーリャたんらしい東欧ポップスになった。
ちょっとお歌が荒い気がするけど、まぁ気にしない!
つい最近発表されたばかりのオーリャたん自身の楽曲らしいですね。

長くなったので記事を分けて書いていきます。
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://nadezhda380.blog.fc2.com/tb.php/12-0f9fbe69
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土