FC2ブログ

Julinoza(Юлія Запорожец) - ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける⑥


*******************************

順不同に予選参加者を紹介する記事。

今回紹介するのは、Julinozaこと、ユリヤ・ザポロージェツ(Юлія Запорожец)。
Julinozaは、「ユリノザ」と呼んでいいのだろうか。
日本人にとって言いやすいのが嬉しい4文字(4音)で、いい名義だな~と思っています。

ゆりのざちゃん。

かなり早い段階から、今回の予選に出場する楽曲が決まっていまして。
さっそく該当の曲を紹介しておきましょう!




HTO YA?という楽曲タイトルは、ウクライナ語のラテン文字転写で、
Хто Я?(私は誰?)という意味。

歌詞は英語とウクライナ語の混合。

20世紀のクラシックを思わせる、不思議ちゃんな楽曲だ。
インパクトがあって、暗くて激しくて、型にはまらなくて、斬新で、
ここがつかみどころだ!というポイントが人それぞれになりそう。

これはいいのかな?悪いのかな?
とりあえず私は好きですが…!!

ただ、イントロが長かったり、ハミング部分が多かったりと、
3分間でガッツリ人の心を掴まなきゃいけないステージに送る歌としては十分なの?
という不安もある。
ステージではまたアレンジを重ねてくる可能性も勿論あるけれども。

というわけで、
これがESCっぽいか?というとなんとも微妙だが、
純粋にこの曲が好みだし、Julinozaのことはかねてから好きな歌手だったので、
是非とも伸びてほしい!!!!!という気持ち。


■■Голос Країни(ウクライナVoice)7期■■

前回記事にしたIngretに続き、Julinozaも
Голос Країни(ウクライナVoice)7期出身の歌手の新人歌手である。

Julinoza、特徴的な甘い声の持ち主で、激しい弾き語りがお得意。
作曲も出来るし、クラシック音楽の教養も豊富な人物である。
彼女の音楽はなかなかに興味深い!!
(…ということにこの記事を書くためにあれこれ調べていて気付いた。)


それでは、具体的に動画を見ていきましょう!!!
***続きを読む***
スポンサーサイト



Ingret Kostenko - ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける⑤


*******************************

今回書くのは、
イングレット(Ingret Kostenko)ってどんな人ー???????
というレビューです。




イングレットちゃんとは……
Голос Країни(ウクライナVoice)7期のオーディション出身であり、
昨年10月に20歳の誕生日を迎えたばかりの若手歌手。

小柄な色素薄い系美女のルックスに騙されてはいけないのがおもしろい。
かわいい顔してすんごいことしやがる。
奇抜なヘアメイクとピアスじゃらじゃらさせるのが好きらしく、
ビジュアル面でも楽しませてくれるところも、彼女の良さのひとつである。
(個人の好みです。)

思えばオーディションの選考途中から、彼女の実力は確かなもので、
難しい音階の旋律を音程完璧に歌いこなす歌唱力、
軸がブレない確立された個性、
ステージに立つ堂々たる姿は、
ESCに挑戦して何ら不足ないことを物語っていたような気がする。

ところで、公式サイトですらINGRET(お名前だけ)表記のところと
INGRET KOSTENKO(名字付き)表記のところがあるけれど、
彼女の名義は一体どっちが正確なのでしょう…?!?!

とりあえず今まで通りイングレットと呼んでいきます。


■■ウクライナ版Х-Фактор(X-Factor)6シーズン■■



イングレットが初めてテレビに出たのが、おそらくこのX-Factor第6シーズン。
このとき17歳のイングレット。

ここで歌っているのは、
ウクライナのインディ・ロック系グループ、Vivienne MortのГоді говорити про того, кого нема(存在しない人について語るのはもうたくさんだ)。

冒頭、かわいらしげなイントロに合わせて踊っていたかと思ったら、
歌い始めで意外な展開になったwwwwww
これから面白いことやるから見てろよーーーーーーってオーラを感じる。

ちょいちょい雰囲気の違う発声をしたり、語りかけるように歌ったり、
オーバーな振り付けをしたり、挑発のような表情を見せたりしながら、

楽しそう~~~に歌うのがいい。

遊び心があるというか、余裕があるというか。
ブレスのタイミングが迷子の難しそうなサビも綺麗に歌い上げる。

お客さんからも大歓声。

いや~~~~~
これしょっぱなから中毒性がはんぱないぞ……
なんだか引き込まれるステージ
これ初見だったら「なんだこの子?!?!?!?!」ってなっちゃうわ。

イングレットって、コンテストやオーディションという場なのに、
緊張とかとは無縁で、そして真面目にも歌ってなくて、
(いや、正確には、真面目に歌っているように演出していなくて、)
自分の表現したい世界を決めて、そこに浸りきって、
楽しくやりまーーーーーーーす!!!!!って感じだよね。
そこがすき!!!!!!

このときはなんとなくカラオケ感が拭えないというか、小手先感がある気もするが、
センスは確かでしょう。
この人の他の歌うたうところがもっと見たい!!!って思わせてくれる
完璧な初登場でした。
***続きを読む***

ILLARIA - ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける④


*******************************

順不同に予選参加者を紹介していく記事パート2。
次はウクライナVoice2期をきっかけに知った、ILLARIAについて書いていきます。

といってもILLARIAは昨年の国内予選にも出場して、ファイナルまで進んだ候補だったので、
ご存じの方が多いのではないか。



私が一番好きなセミファイナルの動画を貼っておこう。
この歌は芸術点は間違いなく高いけど、なんとなく大人しいので、
ESCに出たら淡々としてしまうかな?あんまり伸びないかな?と思っていたが、
パワーがあってすごい!!!!

ILLARIAの歌は、まずなんといっても声質が特徴的で、
あえて説明するとしたら、
民謡とシンフォニックメタル的な要素がブレンドされたジャンル、といったところか。

声が特徴的っていうのは、これだけはもう後天的な努力でどうにもならない部分だから、
彼女を生んでくれたご両親とご先祖様に感謝するしかない。

そしてウクライナに民謡系歌手は、古い人にも新しい人にもたくさんいるから、
「(大手との比較で)この民謡をこんな風に歌うのはおかしい」とか、
「あーはいはい、だれそれさんの下位互換ね」とかって思われない歌を歌うのが
難しい世界だと思うんだけど、
ILLARIAは、基本おさえつつ、奇を衒いすぎず…のバランス感覚が本当に絶妙

いや、もはや彼女については、民謡系歌手って説明が果たして適切なのだろうか。
独自の世界観にエスニック成分をプラスしていると言ったほうがいいか。
既存の言葉にどう当てはめるかは、聴く人次第なので、あまりこだわっていません。



■■Голос Країни(ウクライナVoice)2期■■

ILLARIAは2012年放送のГолос Країни(ウクライナVoice)2期に出場して、
セミファイナルまで駒を進めた歌手である。

このとき彼女のコーチになったのは、
オレフ・スクリプカ(Олег Скрипка)というロックミュージシャンだった。
オレフ・スクリプカとは、80年代末期から活動しているロックバンド、通称VV(Воплі Відоплясова)のリーダー・ボーカルを務める人物である。
30年近い活動歴、発表した楽曲の数(ちゃんと数えてないけど100近いだろう…)、
ウクライナの音楽界で果たした役割と与えた影響力からして、
現代ウクライナの音楽について話すならまず避けて通れないようなバンドだと認識しています。

スクリプカはソ連末期から活動していながら、ウクライナ語で歌うことを一貫していて、
このバンドでロックを書きつつ(明るくにぎやかでコミカルな歌が多い)、
キイウで長年続いているКраїна Мрій(夢の国)という民謡・民族芸能のためのフェスを企画・創設した人物でもあり…。
民謡や土着の文化といったものへの関心が強い人物なのだろう。

そんな経歴のスクリプカと民謡のアレンジ・カバーを得意とするILLARIAは、
まさにベストコンビだったのです。


さてそれでは実際のステージを見ていきましょう!



さっそくお声すごーい……!!!!!
パワーバラード的な暗めの民謡、とてもよくハマっている。
倍音みたいな、絶妙な波長の声が遠くに飛んでいく感覚が気持ちいい。

ウクライナVoiceでは、まず、
レンキウシチナ地方の自然を歌った民謡Ой, Верше, Мій Верше(山よ、私の高い山よ)で
ブラインドオーディションのステージに立った。

コーチたちのざわつきの反応がとてもいい。
にやにやしちゃう。
突然こんな壮大なお声が背後から飛んできたら、まぁびびるよね!
***続きを読む***

TAYANNA(Тетяна Решетняк) - ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける③


*******************************

私にとって、何を差し置いてもこの人について語らずにはおれまい!というのが、
TAYANNAことテチャーナ・レシェトニャク(Тетяна Решетняк)である。

Голос Країни5期での私の一推し、ターニャちゃん♡♡♡♡♡♡
彼女には実に心を持っていかれたものだ。

彼女は去年の国内予選でもとても大人気だった人だ。
反響があって嬉しかった~~
実際有力候補だったし、国外からの支持も厚かったことをぼんやりと確認している。


去年の国内予選。
どっからどう見ても当確大本命である。



ターニャちゃんは、ステージで人格が変わるタイプの天才だ。
何か憑りついたようにものすごい気迫で歌う人。
だいたいステージで歌うと録音音源の180%ぐらいになって魅せつけてくるすごい人。
お芝居みたいに歌う。
音程完璧は勿論のこと、歌の世界への入り込み方、感情の籠め方がぶっ飛んでいる。
恐るべき才能。
ほんとに表現が好きなんだねっていうか、歌が好きなんだねっていうか、こんなひと現実世界にいるんだね…っていうか、ここまでする歌手あんまりいないような気がする、何食べたらこんなんなれんのだろう。

自分自身、TAYANNAの歌唱には、これまで何度も度肝を抜かれたものだ。
ぜひ、多くの人に耳を傾けてもらいたい!!!!
そんな気持ちで書いていきたいと思います。


TAYANNAについてプレゼンするなら、
まずはウクライナVoiceに出た時の動画を上げていきたいね。
原点だからね。


■■Голос Країни(ウクライナVoice)4期出場時の動画■■



2014年春~夏にかけて放送されたウクライナVoice4期より。
思えばこれが私の初見のTAYANNAだ。
この原曲が好きだったので、関連動画に出てきたのを何気なく見て、いいなあ~と思っていた。
んで、どう考えてもくっそ上手いんだけど、ノーターンだった。
4期コーチ勢しっかりしろ。


■■Голос Країни(ウクライナVoice)5期出場時の動画■■



さらに動画を貼りつけていきます!

2015年放送の5期にて、リベンジに帰ってきたTAYANNAさん、
なにこのひとすげえな………!!!!!!!!!
(語彙力が酷い私の第一印象)

歌うのが大好き!
自分の生まれた国が大好き!!!
地元の美しい自然と風習が大好き~~~~~!!!!
っていう本心からの気持ちを素直に全力で吐き出したみたらこうなったわ!!!!

っていう歌唱に見える(伝われ)。

ウクライナ人ならみんな知ってる名曲をアレンジガンガンに効かせて歌い(前半原型ない)、
コーチ陣を圧倒的に震撼させる。
絶好調の出だし。


ところで一番最初に貼った、去年の国内予選出場時の自己紹介によると、
「ナタリヤ・モヒレウスカ(Наталія Могилевська)、アニ・ロラク(Ані Лорак)、チーナ・カーロリ(Тіна Карол)のバックボーカルを6年間やっていた」
と話していたけれど………

いやさ、
こんなにも才能ある歌手を御年30歳までバックボーカルで埋もれさせてたの
やばくね?????

コーチのひとり、チーナ・カーロリは
「Ти - Голос Країни.(あなたが国の声よ)」
と、まるで優勝すらほのめかすような御言葉で大絶賛。
このシンプルな賞賛が、実に心に響く。
(女言葉で日本語訳するの嫌いなんだけど、このチーナの発言と雰囲気を表現する言い回しが他に思いつかなかった。)
***続きを読む***

ESC2018のウクライナ国内予選を追いかける②



前回書いた内容と重なるが、
2018年のウクライナ国内予選のスケジュールは、
2回のセミファイナル(2月10日、17日実施)
セミの上位3名ずつでファイナル(2月24日実施)
という構成になっている。

去年はセミファイナル3回(1回あたり8名)→ファイナル(6名)だったので、
規模的には少々縮小。
自分の楽しみ上で重要なのは好きな子がどのぐらい出るか?どんな楽曲になるか?なので、
全体の規模間は特に問題ではないのですが。


さてそういうわけなので、
セミファイナルのグループ分けと歌う順番を決めるくじ引きというものが
まずはあるわけで。

グループ分け、順番、重要だよね…!!!!

推しは良い感じにバラけて欲しいし、

(本戦同様にウクライナの予選でもそういう空気や傾向があるかと言われると、実はそうでもないかもしれないけど)
なるべくなら一応後ろの方の順番を引いてほしい。



当初の予告通り、1月19日に、くじ引きが実施されました。
ESC本体のくじ引きとは違って、特段ストリーミング生放送などはされなかった模様。

インスタグラムを見てると、アーティストが個別にくじ引きの瞬間の動画やお写真を上げられたりしている。

例えば、これはLAUD君のやつ
マウンテン・ブリーズ
ユリノザちゃん


全体のくじ引きの結果はこちらから!

そわそわしながら待った結果を以下にも記載。
個人的推しは大文字になったり太文字になったりさせてみた。



☆☆☆セミファイナル1回目(2月10日実施分)☆☆☆

1.СONSTANTINE
2.Сергій Бабкін(Serhiy Babkin)
3.LAUD
4.KAZKA
5.The ВЙО(VYO)
6.KOZAK SYSTEM
7.VILNA
8.Pur:Pur
9.The Erised



☆☆☆セミファイナル2回目(2月17日実施分)☆☆☆

1.INGRET
2.MELOVIN
3.JULINOZA
4.TAYANNA
5.KADNAY
6.Yurcash
7.Mountain Breeze
8.ILLARIA
9.DILEMMA

***続きを読む***

プロフィール

腐葉土

Author:腐葉土
ブヒブヒする場所

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 腐葉土